[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴルフ全米OPの11番Hに米ファン仰天 パー3と思えない距離で「馬鹿げてる」「間違っている」の声

米男子プロゴルフ(PGA)のメジャー大会、全米オープンが15日に米カリフォルニア州で開幕する。松山英樹(LEXUS)がメジャー2勝目を目指す今大会。会場のロサンゼルスCC(7236ヤード、パー71)は“モンスターコース”として知られており、各ホールのタフなセッティングが話題だ。SNS上に公開されたパー3のヤーデージ写真には、米ファンから「常軌を逸している」「馬鹿げてる」と仰天の声が上がっている。

ロサンゼルスCCで開催されている全米オープン【写真:Getty Images】
ロサンゼルスCCで開催されている全米オープン【写真:Getty Images】

全米オープンが15日に開幕

 米男子プロゴルフ(PGA)のメジャー大会、全米オープンが15日に米カリフォルニア州で開幕する。松山英樹(LEXUS)がメジャー2勝目を目指す今大会。会場のロサンゼルスCC(7236ヤード、パー71)は“モンスターコース”として知られており、各ホールのタフなセッティングが話題だ。SNS上に公開されたパー3のヤーデージ写真には、米ファンから「常軌を逸している」「馬鹿げてる」と仰天の声が上がっている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 思わず二度見しそうだ。ロサンゼルスCCの11番ホールに設置された看板には「HOLE 11 PAR 3 YARDS 290」と表示されている。4月に行われたマスターズでさえ、パー3の最長距離は240ヤード。他は軒並み155~180ヤードだったとあって、メジャーといえども米ツアーでは異例の距離といっていい。

 海外のゴルフブランド「NUCLRゴルフ」のツイッターは「LACC(ロサンゼルス・カントリークラブ)の11ホール」とつづって写真を公開。これには米ファンから衝撃を受けたような声が集まっている。

「これは常軌を逸している」
「私はドライバーでいく」
「なんてこった」
「真っ直ぐなダウンヒルだ。どちらかというと265ぐらいで、グリーンはデカイ」
「馬鹿げている!」
「3番ウッド、そして52度ウェッジ」
「違法に思える」
「よさそうなホールに見えるが、パーは間違っていると思う」
「私にとってはパー5だ」
「240ヤード以上のパー3なんてあるべきじゃない」
「どうやって?」
「ただただなんで?」

 ロサンゼルスCCは他のホールも非常にタフ。7番パー3も284ヤードあり、パー4の最長も16番の542ヤード、パー5の最長は14番の623ヤードで、飛距離が求められるコースとなっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集