[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁「僕がトレードをリクエストしたのは…」 移籍の経緯&去就に言及「将来は分からない」

米プロバスケットボール(NBA)のレイカーズ・八村塁はNBA4年目のシーズンを終えた。シーズン途中にウィザーズからレイカーズにトレード移籍。日本人選手として初めてプレーオフ地区決勝進出を果たすなど、激動の1年となった。9日(日本時間10日)には米スポーツ専門局の番組に出演。レイカーズ移籍の経緯や、制限付きフリーエージェント(FA)となり注目される今オフの去就についての心境などを語った。

レイカーズの八村塁【写真:ロイター】
レイカーズの八村塁【写真:ロイター】

米スポーツ専門局「ESPN」の番組に出演

 米プロバスケットボール(NBA)のレイカーズ・八村塁はNBA4年目のシーズンを終えた。シーズン途中にウィザーズからレイカーズにトレード移籍。日本人選手として初めてプレーオフ地区決勝進出を果たすなど、激動の1年となった。9日(日本時間10日)には米スポーツ専門局の番組に出演。レイカーズ移籍の経緯や、制限付きフリーエージェント(FA)となり注目される今オフの去就についての心境などを語った。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 米スポーツ専門局「ESPN」の番組「フープ・ストリームス」にマイアミからリモート出演した八村。司会者から制限付きFAとなる今オフの展望について尋ねられると、まずはレイカーズに移籍してきたときのことを振り返った。

「僕がトレードをリクエストしたのは、バスケットボールをプレーしていて自分がハッピーになれるところにいたかったから。バスケットボール選手として僕のことを気に入ってくれて、僕のことを信じてくれるところにいたかったから。レイカーズはその1つで、僕に本当に関心を示してくれた」

 移籍した当時のレイカーズはプレーオフ圏外。そこから巻き返し、地区決勝まで駒を進めた。八村も「当時は、プレーオフに辿り着くことになるということも知らなかった。だから、プレーオフに辿り着き、あそこまで行けたのはとても良かった」と加入後のチームの躍進に満足げ。「僕にとってクレイジーなシーズンだった」と激動の1年を総括した。

 気になる去就については「将来のことは分からないが、自分がハッピーでいられるどこかにいたい。レイカーズはここまで良かった。さあどうだろうね」と話すに留めた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集