[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平2戦連発18号! 遂にキングへ1本差、また登板翌日で米記者興奮「内角低めは屁でもない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場。3点を追う3回に2戦連発となる18号2ランを放った。右翼席へ飛距離400フィート(121.9メートル)の一撃。これでヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(19本)に1本差と迫った。米記者たちも「内角低めは屁でもない」「火がついている」と興奮気味だった。

マリナーズ戦、2戦連発となる18号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
マリナーズ戦、2戦連発となる18号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

マリナーズ戦「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場。3点を追う3回に2戦連発となる18号2ランを放った。右翼席へ飛距離400フィート(121.9メートル)の一撃。これでヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(19本)に1本差と迫った。米記者たちも「内角低めは屁でもない」「火がついている」と興奮気味だった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 2戦連発、大谷のエンジンがかかってきた。3点を追う3回、相手先発の新人ブライアン・ウーが内角に投じたスライダーを強振した。弾丸のように飛び出した打球は右翼席へ一直線。18号2ランで反撃ののろしを上げた。

 ツイッター上の米記者たちも挙って速報。米スポーツベッティングサイト「ドラフトキングス」などで活動するジャレッド・カラビス記者は「内角低めへのスライダーはショウヘイにとっては屁でもない」といとも簡単にはじき返したことを伝えた。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は「ショウヘイ・オオタニはこれまで存在した史上最高の野球選手だ」と改めて絶賛。MLB公式のブレント・マグワイア記者は「ショウヘイ・オオタニは今火がついている。これが18号」と絶好調ぶりを伝えた。

 大谷は前日のマリナーズ戦に先発し、5回3安打3失点。またも登板翌日の一発となった。本塁打王を争うジャッジは3日(同4日)の敵地ドジャース戦、守備で右足の親指を負傷。負傷者リスト(IL)入りしている。大谷がその間に詰め寄った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集