[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

テニス加藤未唯の「ここ数日間の対応は誇りだ」 失格からの5日間を選手協会重役も称賛

テニスの4大大会・全仏オープンの混合ダブルスで優勝した加藤未唯(ザイマックス)が、女子ダブルス3回戦の試合中、ボールガールに打球を当ててしまい、失格処分を受けたことは大きな騒動となった。9日に加藤はボールガールとの2ショット写真を自身のツイッターで公開。プロテニス選手協会(PTPA)の専務取締役も「ともに働くのは光栄」「とても誇りに思う」と粋な対応を絶賛した。

加藤未唯【写真:Getty Images】
加藤未唯【写真:Getty Images】

自身のツイッターにボールガールとの2ショットを公開

 テニスの4大大会・全仏オープンの混合ダブルスで優勝した加藤未唯(ザイマックス)が、女子ダブルス3回戦の試合中、ボールガールに打球を当ててしまい、失格処分を受けたことは大きな騒動となった。9日に加藤はボールガールとの2ショット写真を自身のツイッターで公開。プロテニス選手協会(PTPA)の専務取締役も「ともに働くのは光栄」「とても誇りに思う」と粋な対応を絶賛した。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 笑顔で寄り添った。加藤はボールを当ててしまったボールガールと対面。手土産が入った紙袋を受け取ったボールガールの肩にそっと手を掛けてカメラに笑顔を向けた。大会公式ユニホームを着た女の子もはにかむような表情を見せている。

 加藤は自身のツイッターに写真を公開し、英語で「無事で、ボランティアとしてボールガールを続けていると聞けてとても嬉しかったです。贈ったギフトを喜んでもらえたら嬉しい。また会うのを楽しみにしています! 幸運を祈ってます」とつづった。この投稿には国内外のファンから称賛の声が寄せられていたが、PTPAの専務取締役を務めるアハマド・ナサル氏も賛辞を送った。

 ナサル氏は加藤の投稿を引用し、「アスリートは様々な面でリーダーシップを発揮しており、彼らとともに働くのは光栄だ。ネガティブなことをポジティブに変える能力は見過ごされがち。困難なここ数日間へのミユ・カトウの対応をとても誇りに思う!」とツイートした。

 加藤はアーディラ・スーチャディ(インドネシア)と組んで臨んだ4日の女子ダブルス3回戦で、返球をボールガールに当ててしまい、協議の結果、失格を宣告された。PTPAはノバク・ジョコビッチらが創設した団体。加藤の失格については「偶発的で、攻撃的なものでは全くなかった」と、処分は不当であったと擁護する声明を出していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集