[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平17号は特大134m弾! 自分の2失点を自分で挽回、米記者驚き「ミスを取り消せる投手」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が9日(日本時間10日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で出場。3回に同点の17号2ラン本塁打を放った。中越えに440フィート(約134.1メートル)の特大弾。米記者も驚きを持って報じ「彼のように自身のミスを取り消せる投手はいない」と速報した。

3回に同点の17号2ラン本塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
3回に同点の17号2ラン本塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が9日(日本時間10日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で出場。3回に同点の17号2ラン本塁打を放った。中越えに440フィート(約134.1メートル)の特大弾。米記者も驚きを持って報じ「彼のように自身のミスを取り消せる投手はいない」と速報した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 自分で取られた点を、自分で取り返した。しかも特大の一撃だ。2点ビハインドの3回2死一塁。大谷はマリナーズ先発のカスティーヨが投じた2球目チェンジアップをかっ飛ばした。打った瞬間にそれと分かる打球は、エンゼルスタジアムのバックスクリーンへ。悠々とホームインした大谷は、ベンチでお決まりの「兜」を被って祝福を受けた。

 米記者たちも驚きをもってツイッターで速報。MLB公式のエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「ショウヘイ・オオタニがルイス・カスティージョからセンターへ2ランをかっ飛ばし自らを援護し2-2に。17号。リアル二刀流でキャリア7度目の本塁打」と伝えた。米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者は「ショウヘイ・オオタニのように自身のミスを取り消せる投手はいない。今季17号の2ランHRを放った」と挽回の一撃を伝えた。

 打球速度は打球速度112.9マイル(約181.7キロ)の本塁打。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者も「ショウヘイ・オオタニがセンターの茂みへの特大2ラン。マリナーズにJ.P.クロフォードのエラーの代償を払わせた。17号」と、直前に失策で出塁を許したマリナーズ守備陣に言及していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集