[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

加藤未唯は混合複も「失格になるはずだった」 相棒プッツ、優勝会見で忘れなかった大会への感謝

テニスの4大大会・全仏オープンは8日、パリのローランギャロスで混合ダブルス決勝が行われ、加藤未唯(ザイマックス)、ティム・プッツ(ドイツ)組がビアンカ・アンドリースク(カナダ)、マイケル・ヴィーナス(ニュージーランド)組と対戦。4-6、6-4の1-1で10ポイント先取のタイブレーク決戦に突入し、最後は10-6で勝利。逆転で4大大会初制覇を成し遂げた。4日の女子ダブルス3回戦での失格劇を乗り越えての栄冠となったが、試合後の会見では加藤とともに大会側への感謝を示している。

混合ダブルス決勝で優勝した加藤未唯(左)ティム・プッツ組【写真:Getty Images】
混合ダブルス決勝で優勝した加藤未唯(左)ティム・プッツ組【写真:Getty Images】

全仏オープン混合ダブルス、優勝会見でプッツが語った言葉

 テニスの4大大会・全仏オープンは8日、パリのローランギャロスで混合ダブルス決勝が行われ、加藤未唯(ザイマックス)、ティム・プッツ(ドイツ)組がビアンカ・アンドリースク(カナダ)、マイケル・ヴィーナス(ニュージーランド)組と対戦。4-6、6-4の1-1で10ポイント先取のタイブレーク決戦に突入し、最後は10-6で勝利。逆転で4大大会初制覇を成し遂げた。4日の女子ダブルス3回戦での失格劇を乗り越えての栄冠となったが、試合後の会見では加藤とともに大会側への感謝を示している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 まるで映画のような、激動の日々を乗り越えての栄冠だ。加藤は4日のサラ・ソリベストルモ(スペイン)、マリエ・ブズコバ(チェコ)組と対戦した女子ダブルス3回戦の第2セット途中、プレーが途切れたタイミングで相手コートに返したボールが、ボールガールに直撃。ボールガールは涙し、加藤は歩み寄って謝罪した。一度は警告と判断されたが、対戦相手がさらに抗議。最終的に裁定が変わり、失格となった。加藤は涙し、海外の元選手やメディアからは擁護する声が多数上がっていた。

 失意を味わった加藤だが、その後プッツと組んだ混合ダブルスで決勝に進出。涙の失格劇から4日後に全仏決勝の舞台に立つと、熱戦の末に第3セットを10-6で制して4大大会初優勝を果たし、世界から祝福の声が相次いだ。

 歓喜に包まれた試合後の優勝会見で、2人は大会側への感謝を忘れなかった。ドイツのフリージャーナリストのヤニック・シュナイダー氏は、ツイッターに「ティム・プッツは優勝後の会見を声明で閉じた。グランドスラムの委員会と大会の『混合ダブルスを我々にプレーさせてくれた人たち』に感謝。ルールに従っていれば、カトウは全ての競技から失格になるはずだった」と投稿。プッツがドイツ語の質問に移る前に、進行を遮ってプレーさせてくれたことに感謝を述べたことを伝えている。

 女子ダブルスでの失格騒動に揺れ、加藤が大会側を提訴する事態に発展しているが、2人は関係者が配慮してくれたことに感謝を忘れていなかった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集