[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平16号でネット爆笑「めっちゃ距離あるのに(笑)」 HR協議中に誠也と交わした“会話”が話題

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地カブス戦に「2番・指名打者」で先発出場し、4回の第2打席で5試合ぶりの16号ソロを放った。鈴木誠也外野手の頭上を越えてフェンスで跳ね返った打球は一度、三塁打となったが、審判団が協議の結果、本塁打と認定された。その間、三塁ベース上の大谷とライトの鈴木が本塁打かどうかを巡って、ジャスチャーでコミュニケーション。ほっこりする様子が話題を呼んでいる。

4回の第2打席で5試合ぶりの16号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
4回の第2打席で5試合ぶりの16号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

審判団の協議の結果、本塁打に認定

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地カブス戦に「2番・指名打者」で先発出場し、4回の第2打席で5試合ぶりの16号ソロを放った。鈴木誠也外野手の頭上を越えてフェンスで跳ね返った打球は一度、三塁打となったが、審判団が協議の結果、本塁打と認定された。その間、三塁ベース上の大谷とライトの鈴木が本塁打かどうかを巡って、ジャスチャーでコミュニケーション。ほっこりする様子が話題を呼んでいる。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 遠く離れた2人がユーモアあふれる“会話”を繰り広げた。0-4とエンゼルスのビハインドで迎えた4回先頭、大谷は右腕ウェスネスキのカットボールを弾き返した。ライナー性の鋭い打球は、跳び上がった鈴木のグラブの先でフェンスに跳ね返ってグラウンドへ。弾みで尻もちをついた鈴木は本塁打と判断したのか、やや遅れてボールを処理。その間に大谷は全力疾走し、三塁を蹴ったところで止まった。あと少しでランニング本塁打という当たりだった。

 しかし、審判団の協議の結果、打球はライトフェンスの本塁打ラインを越えて跳ね返っており、本塁打と認定。話題になったのは、この間のやりとりだった。三塁ベース上の大谷はライトの鈴木に向かって両手を広げ、笑顔で「入っていた?」と聞くようなジェスチャー。これに鈴木は手を振り、「わからない」という苦い表情を見せたが、直後に本塁打の判定があった。大谷は「どうだ」と言わんばかりに鈴木にアピールし、笑顔で本塁へ走っていた。

 なんとも微笑ましいやりとりはNHK-BSの中継でも収められており、瞬く間にネット上で話題に。「可愛い、こんなやりとりがあったんですね」「これ最高」「仲良し同級生最高ですね」「やり取り面白い」「めっちゃ距離あるのに(笑)」「『あ、じゃあね』のバイバイがサイコー」などの声が続々と上がっていた。大谷の反撃ソロを口火にエンゼルスは4、5回に猛攻。4点あったビハインドを一気に逆転している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集