[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

テニス加藤未唯の失格で広がる波紋 海外キャスターは「頑固に強いた相手が恥ずかしい」と糾弾

4日に行われたテニスの全仏オープン女子ダブルス3回戦で、加藤未唯/アーディラ・スーチャディ組が第2セット途中で失格となった。加藤が相手コートに送ったボールが、ボールガールに直撃。故意ではなく、緩い打球だったことから裁定への疑問の声が噴出。海外メディアの解説者やキャスターからも「相手も残りをプレーすることを禁止されるべき」「馬鹿げている」と意見したことが紹介されている。

女子テニスの加藤未唯【写真:Getty Images】
女子テニスの加藤未唯【写真:Getty Images】

全仏オープン女子ダブルス

 4日に行われたテニスの全仏オープン女子ダブルス3回戦で、加藤未唯/アーディラ・スーチャディ組が第2セット途中で失格となった。加藤が相手コートに送ったボールが、ボールガールに直撃。故意ではなく、緩い打球だったことから裁定への疑問の声が噴出。海外メディアの解説者やキャスターからも「相手も残りをプレーすることを禁止されるべき」「馬鹿げている」と意見したことが紹介されている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 疑問の声が上がっているのは、サラ・ソリベス=トルモ/マリエ・ブズコバ組との第2セット途中の出来事。スーチャディのリターンミスの後、加藤がボールを相手コートに返球。しかしこれがコート後方のボールガールにノーバウンドで当たってしまった。ボールガールは涙。加藤は歩みよって謝罪し、一度は警告と判断されたが、対戦相手がさらに抗議。裁定が変わった。

 加藤は涙。一方、相手については米スポーツ専門局「FOXスポーツ」が電子版の記事で「審判団との会話の最後のほうで、審判団が失格が必要だと同意したと思われる瞬間に、ブズコバとソリベス=トルモが笑っているところが見られた」などと伝えたほか、ほくそ笑んだかのような画像がツイッター上で拡散。海外メディア、ファンからも加藤を擁護する声と、判定に関する批判の声も上がっていた。

「FOXスポーツ」は同じ記事で、2人の識者のツイッターの書き込みを紹介している。一人は米国のテニスメディア解説者のリッキー・ダイモン氏。「どうしてこれが失格なんだ? ソリベス=トルモとブズコバがこのために対戦相手の失格を実際に主張したなら、彼女たちも残りのトーナメントでプレーすることを禁止されるべきだ」と疑問を呈していた。

 また、カナダのテニスブロードキャスターのベン・ルイス氏も「正直言って、この明らかなアクシデントの後に、ダブルスで勝利を得るために失格を頑固に強いたマリエ・ブズコバとサラ・ソリベス=トルモがとても恥ずかしい」と相手ペアの行動を糾弾。「彼女たちはロッカールームでかなりのリスペクトを失うだろう。馬鹿げている」と投稿しているという。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集