[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLB中継で飛び出した実況アナの名フレーズに米絶賛の嵐 珍事で咄嗟に「濡れた石鹸のように…」

米大リーグで生まれた名実況が話題を呼んでいる。クッションボールの処理に手間取った外野手に対し、表現した一言が実に的確で「史上最高のアナウンサー」「彼の伝説の実況リストに追加しよう」の声が上がった。

激走するドジャースのミゲル・バルガス【写真:ロイター】
激走するドジャースのミゲル・バルガス【写真:ロイター】

FOXスポーツの実況ジョー・デービス氏が話題に

 米大リーグで生まれた名実況が話題を呼んでいる。クッションボールの処理に手間取った外野手に対し、表現した一言が実に的確で「史上最高のアナウンサー」「彼の伝説の実況リストに追加しよう」の声が上がった。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 3日(日本時間4日)のヤンキース―ドジャース戦。ドジャースが5点を追う7回、1点を返し、なお無死一塁で代打バルガスが左翼線への打球を放った。これを処理したのがヤンキースのカブレラ。角度のあるフェンスのクッションボールに手間取り、グラブを1度、2度と出したが、するするとセンター側に白球が逃げていく。そうこうして、もたついている間に一塁走者を生還、打者走者の三塁進塁を許してしまった。

 この時、バルガスの打球を見た米放送局「FOXスポーツ」で実況のジョー・デービス氏は「バルガスがライン際に引っ張る! フェアだ! ドジャースが連続で代打成功!」と切り出した。さらに「コーナーを転がっていく! まだ転がり続ける!」と伝え、「濡れた石鹸のようにカブレラから勢いよく逃げていく!」と表現。状況を的確すぎるほどに言い表した実況だった。

 同局のMLB専門ツイッターはこの一言を文面に紹介し、映像を投稿すると「デービスは史上最高のアナウンサー」「レフトでネズミを捕まえようとしている」「なんて実況だ」「卓球ボールを追いかけているときのよう」「GOAT(史上最高)デービス」と“名実況”に絶賛の嵐。大谷翔平マニアとしても知られる同局のアナリスト、ベン・バーランダー氏も「これもジョー・デービスの伝説の実況のリストに追加しよう」と投稿した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集