[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

侍ジャパン栗山英樹監督が退任会見「あれだけ充実した時間はない」 WBCで14年ぶり世界一導く

3月に開催された野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表「侍ジャパン」を3大会ぶり3度目の世界一に導いた栗山英樹監督が2日、都内のホテルで監督退任記者会見に臨んだ。5月31日付けで契約満了となり退任。次期監督については未定。

退任会見に臨んだ栗山英樹監督【写真:荒川祐史】
退任会見に臨んだ栗山英樹監督【写真:荒川祐史】

都内で退任会見に出席

 3月に開催された野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表「侍ジャパン」を3大会ぶり3度目の世界一に導いた栗山英樹監督が2日、都内のホテルで監督退任記者会見に臨んだ。5月31日付けで契約満了となり退任。次期監督については未定。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 スーツ姿で登壇した栗山監督は「まずは短い期間なのか長い期間なのか分からないですが、ジャパンの監督を務めさせてもらいました。結果的に勝ちきることができ、先輩が作ってくださった日本野球の素晴らしさを少しだけ伝えることができたと思います。子どもたちに野球って面白いと感じてもらえたなら嬉しい」と語った。

「本当に日々、WBCを見据えて1年弱、毎日毎日考えて、色んな人に会ってという時間でしたが、あれだけ必死になる環境を与えてもらって感謝しています。なかなかあれだけ充実した時間はこれからもないのかなと思う」と監督としての日々を振り返った。

 栗山監督は日本ハム監督を経て2021年12月に侍ジャパンの監督に就任。3月のWBCではメジャーリーガーのエンゼルス大谷翔平、パドレスのダルビッシュ有のほか、初めての国外出身選手としてカージナルスのラーズ・ヌートバーも招集。村上宗隆、佐々木朗希ら国内選手を含めた最強ジャパンを作り上げた。

 1次ラウンドを全勝で勝ち上がり、準々決勝ではイタリアを撃破。米マイアミでの準決勝メキシコ戦では、不振の村上が見事な劇的サヨナラ打を放った。米国との決勝戦では、1点リードの9回に大谷をマウンドへ。最後はマイク・トラウト外野手を空振り三振に仕留め、14年ぶりの王座奪回を果たした。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集