[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平のHRスイングを横から“鑑賞”した米メディア関係者が虜「アート」「制御された暴力」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は31日(日本時間6月1日)、敵地ホワイトソックス戦に「3番・DH」で先発出場し、衝撃の2打席連発を放った。第2打席で2試合連発となる14号中越え2ラン、第3打席でも右翼へ超特大の15号2ラン。“確信歩き”も見せた140メートル弾を三塁側から撮影した映像に、米メディア関係者から「アート」「コントロールされた暴力」などと注目が集まっていた。

第3打席で右翼へ超特大の15号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
第3打席で右翼へ超特大の15号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷の140m弾→確信歩きで話題

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は31日(日本時間6月1日)、敵地ホワイトソックス戦に「3番・DH」で先発出場し、衝撃の2打席連発を放った。第2打席で2試合連発となる14号中越え2ラン、第3打席でも右翼へ超特大の15号2ラン。“確信歩き”も見せた140メートル弾を三塁側から撮影した映像に、米メディア関係者から「アート」「コントロールされた暴力」などと注目が集まっていた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 15号のスイングを真横から録った映像も話題だ。大谷が内角高めのボールを鋭く振り抜く。まるで体にバットを巻きつけるようにした、目にもとまらぬ強烈な一振り。その直後、貫禄十分に一塁へ向かった。ゆっくりと“確信歩き”するその後ろには、あっけにとられた様子の敵地のファンも映っている。

 この映像をツイッターで確認したMLB公式のブレント・マグワイア記者は「ショウヘイ・オオタニがこれまでのMLBキャリアの中で、これ以上に強くスイングし、ボールに当てたことがあるか私には分からない」と過去最高級だったと表現した。米スポーツベッティングサイト「ドラフトキングス」などで活動するジャレッド・カラビス記者も同じくツイッターで「アート(芸術)」と美しさに魅了されていた。

 また大谷フリークとして知られる米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏も「私たちはこれを“コントロールされた暴力”と呼ぶ」とつづった。不調気味だった大谷の一撃を別の角度から“鑑賞”し、米メディア関係者たちもうっとりしていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集