[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ヨシダがMLBの投手を恐怖に陥れ続ける」 13試合連続安打の吉田正尚に米メディア絶賛の嵐

米大リーグ・レッドソックスの吉田正尚外野手は3日(日本時間4日)の本拠地ブルージェイズ戦に「2番・左翼」で出場し、5打数2安打2打点の活躍で8-3の勝利に貢献した。5月に入ってから3試合目の複数安打で、今季メジャートップの13試合連続安打をマーク。絶好調ぶりに米メディアからも「投手を恐怖に陥れ続けている」といった称賛の声が上がっている。

レッドソックス吉田正尚【写真:ロイター】
レッドソックス吉田正尚【写真:ロイター】

ブルージェイズ戦に「2番・左翼」で出場

 米大リーグ・レッドソックスの吉田正尚外野手は3日(日本時間4日)の本拠地ブルージェイズ戦に「2番・左翼」で出場し、5打数2安打2打点の活躍で8-3の勝利に貢献した。5月に入ってから3試合目の複数安打で、今季メジャートップの13試合連続安打をマーク。絶好調ぶりに米メディアからも「投手を恐怖に陥れ続けている」といった称賛の声が上がっている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 第1打席から一ゴロ、中飛、三失と続いて迎えた6回の第4打席。1死三塁の場面で右腕・バースの初球ストレートをとらえると、打球はバースの左足を直撃するタイムリー内野安打となった。さらに2死一、二塁の場面で迎えた7回の第5打席では1-2からの4球目の外角球に逆らわずに左翼線二塁打。二塁走者が生還し、この日2打点目をマークした。

 快音が続く吉田の活躍にツイッター上の米記者も反応。米フロリダ州地元局「WTVT」のプロデューサーのジェイミー・ガトリン氏は「ヨシダがMLBの投手を恐怖に陥れ続けている。またもやマルチ安打&打点記録」とつづった。MLB公式サイトのレッドソックス番イアン・ブラウン記者は「ヨシダがまたもや安打で打率.303に」と打率がついに3割を超えたことを伝えた。

 米マサチューセッツ州地元紙「ボストン・グローブ」のアレックス・スパイアー記者は「ヨシダが93マイル(約150キロ)の速球を叩きのめし、レフト線への打球速度103マイル(約166キロ)の二塁打とした。彼は全てを強烈に叩き返している」と吉田の好調ぶりを伝えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集