[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

まるで日本の高校球児、衝撃の20秒3球三振がMLBで誕生 米絶賛「この新ルール大好き」

今季から試合時間短縮を目的とした新ルールが導入される米大リーグで、とてつもない超高速テンポで3球三振を奪う場面が発生した。その間、わずか20秒。米メディアがその動画を投稿すると、「信じられない。高校時代の私のよう」「ピッチクロックはクールだ」とファンの喝采が上がっている。

2回からマウンドに上がったヤンキースのワンディ・ペラルタ【写真:ロイター】
2回からマウンドに上がったヤンキースのワンディ・ペラルタ【写真:ロイター】

ヤンキース左腕が驚きの3球三振を奪取

 今季から試合時間短縮を目的とした新ルールが導入される米大リーグで、とてつもない超高速テンポで3球三振を奪う場面が発生した。その間、わずか20秒。米メディアがその動画を投稿すると、「信じられない。高校時代の私のよう」「ピッチクロックはクールだ」とファンの喝采が上がっている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 まるで日本の高校野球を見ているかのようなテンポだった。2日(日本時間3日)のオープン戦、ヤンキース―フィリーズ戦。2回からマウンドに上がったヤンキースの左腕ワンディ・ペラルタは2死無走者でトゥクピタ・マルカーノを迎えると、初球を内角に決め、ストライク。投げ終わると、すぐに捕手からボールを受け取り、セットポジションに。2球目を空振りで追い込むと、同じような動作ですぐセットポジションに。内角いっぱいに決め、見逃しで3球三振を奪った。

 その間、わずか20秒。打者のマルカーノもテンポに対応できていない様子だった。今季から「ピッチクロック」が導入され、投手は走者なしの場合、ボールを受け取ってから15秒以内に投球動作を開始しなければ違反となり、1ボールを取られる。そのルールをうまく利用した印象だが、米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターが「ヤンキースの救援投手ワンディ・ペラルタが20秒で打者から三振を奪う」と動画を紹介すると、多くの声が上がった。

「なんてこった」「これは効率的なイニングだ」「球界は何年も前からこれをしておくべきだった!」「私の夢、30分の試合が実現するかも!」「信じられない。高校時代の私のよう」「芸術だ」「ピッチクロックはクールだ」「これは素晴らしい!」「私はこの新しいルール変更が本当に大好きだ」「私はまたMLBの試合を見始めるかも」と肯定的な声が目立った。一方で「これは慌ただしすぎる……MLBは野球のファンではない人の注目を集めようと必死だ……本物の野球ファンは試合が長すぎると文句を言うことはない」と批判的な声も。「トイレのために席を外したら、2イニング見逃すことになるな(笑)」の声もあった。

 ペラルタは3者三振に抑え、1回を完全投球となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集