[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

欧州競馬の115馬身差大敗に新展開 ゴール誤認騎手への処分に反響「そんなに短いの」

欧州競馬で展開された衝撃レースに新たな展開があった。26日(日本時間27日)に英ケンプトンパーク競馬場で行われたレースで、騎手がゴールを間違えて全力で追ってしまった結果、残りの周回で大失速。1着馬から115馬身も離された最下位でゴールしたことで騎手に処分が下された。だが、その処分内容にファンからは「軽すぎる」といった反発の声が上がっている。

ニール・カラン騎手【写真:Getty Images】
ニール・カラン騎手【写真:Getty Images】

26日に英ケンプトンパーク競馬場で行われた衝撃レース

 欧州競馬で展開された衝撃レースに新たな展開があった。26日(日本時間27日)に英ケンプトンパーク競馬場で行われたレースで、騎手がゴールを間違えて全力で追ってしまった結果、残りの周回で大失速。1着馬から115馬身も離された最下位でゴールしたことで騎手に処分が下された。だが、その処分内容にファンからは「軽すぎる」といった反発の声が上がっている。

 26日に行われた「2マイル・ハンデキャップ」(AW3200メートル、10頭立て)でニール・カラン騎手が騎乗したバレエブランはスタートしてから600メートルほど走ったところで先頭に立ち、カラン騎手が全力で追い始めるとバレエブランは後続に5馬身ほどの差をつけてゴール板を通過した。しかし、レースはそこからあと1周残されており、力を使い果たしたバレエブランは失速。結局、1位入線したブレイズオンファイブから約115馬身離された最下位でゴールした。

 英競馬番組「レーシングTV」公式ツイッターが公開した動画は大きな波紋を呼んだが、英専門誌「レーシングポスト」は、今回のレースでカラン騎手に12日間の騎乗停止処分が下されたと報道。その上で「騎手のニール・カランは、水曜日の夜のケンプトンでの早すぎるレース終了という『完全なヘマ』について謝罪した」と記し、カラン騎手のコメントを紹介した。

「騎手は木曜日の午前に『ミスを犯した。完全なヘマだった。(調教師の)アマンダと連絡を取り、エントリーフィーを自分が払うと申し出た。まさか自分がやるとは思ってもみなかったことだ』と話した」

 とはいえ、“周回誤認”のミスは騎手としては致命的なミス。過去、日本の競馬でも同様の事態があった際は「競馬の公正確保について業務上の注意義務に違反した者」(日本中央競馬会競馬施行規程)として3か月の騎乗停止処分が下されているだけに、今回の12日間騎乗停止という処分に対して、ファンからは「そんなに短いの」「馬券買ってた人はたまったもんじゃない」「お国柄かな」「どこにでもいるんだな」といった反響が寄せられている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集