[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、劇的サヨナラ得点で見せた“ド派手ガッツポーズ”に米注目「この感情爆発」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、ナショナルズ戦に「3番・DH」で先発出場。2点ビハインドの9回2死から同点の2点二塁打を放つと、続くアンソニー・レンドン内野手の中前打で快足を飛ばし、サヨナラのホームを踏んだ。5-4の逆転勝利に貢献。ホームイン後には右手を振り回して歓喜したが、米メディアも「このスピードにこの感情爆発。スペシャルだ」と注目した。

9回2死から同点となる二塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
9回2死から同点となる二塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

9回2死から同点二塁打→サヨナラホームイン

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、ナショナルズ戦に「3番・DH」で先発出場。2点ビハインドの9回2死から同点の2点二塁打を放つと、続くアンソニー・レンドン内野手の中前打で快足を飛ばし、サヨナラのホームを踏んだ。5-4の逆転勝利に貢献。ホームイン後には右手を振り回して歓喜したが、米メディアも「このスピードにこの感情爆発。スペシャルだ」と注目した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 あと1死で敗戦の状況から、試合をひっくり返した。2点を追う9回2死一、三塁。大谷の第5打席が回ってきた。相手のタナー・レイニーが投じた2球目スライダーを捉えた打球はセンターに伸び、フェンス直撃。2者が生還する同点二塁打となった。さらに続くレンドンの中前打で快足を飛ばしてホームへ。滑り込んでサヨナラ勝ちとなった。

 間一髪のセーフに、ホームイン後の大谷は雄叫びをあげながら右手をぶん回してガッツポーズ。ド派手にサヨナラ勝ちを喜んだ。ツイッター上ではこのシーンも話題に。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は「このスピードにこの感情爆発。それがショウヘイ・オオタニであり、エンゼルス。スペシャルだ」と記した。

 またMLB公式サイトのジェイソン・カターニア記者も「これがオオタニのリアクション!」と歓喜を爆発させた瞬間に注目。米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」の番組「トーキン・ベースボール」公式ツイッターは「勝てるチームで躍動する、これまでとは違う側面を持ったショウヘイ・オオタニを見ることができる」と、好調エンゼルスで活躍した大谷の、昨季とは違った状況を伝えた。この日、大谷は4打数1安打2打点1四球だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集