[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、「圧倒的なスプリットに鋭いスライダー」 圧巻の110球を地元紙が絶賛

大谷翔平、「圧倒的なスプリットに鋭いスライダー」 圧巻の110球を地元紙が絶賛

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地レイズ戦に先発し、メジャー移籍後最長となる7回2/3を6安打9奪三振2失点の好投で今季4勝目(1敗)。今季最多110球の熱投でチームの連敗を5で止めた。MLBは公式ツイッターで“エグい”落差のスプリットで三振を奪うシーンを公開。ファンを驚かせていたが、米メディアも「全ての球種がクレイジー」「圧倒的なスプリットに鋭いスライダー」と拍手を送っている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

地元紙が4勝目を挙げた大谷に拍手喝采、登板試合は勝率.857の快進撃

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地レイズ戦に先発し、メジャー移籍後最長となる7回2/3を6安打9奪三振2失点の好投で今季4勝目(1敗)。今季最多110球の熱投でチームの連敗を5で止めた。MLBは公式ツイッターで“エグい”落差のスプリットで三振を奪うシーンを公開。ファンを驚かせていたが、米メディアも「全ての球種がクレイジー」「圧倒的なスプリットに鋭いスライダー」と拍手を送っている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 この日の登板のハイライトの1つは5回だった。先頭のスミスを96.3マイル(約155キロ)、97.8マイル(約157キロ)のストレート2球で追い込むと、3球目は90.3マイル(145キロ)のスプリットでスミスのバットに空を切らせた。

 ストライクゾーンから打者の手元で急激に沈む“急降下スプリット”。スプリットとスライダーを軸に、3回にフィールドに一発を浴びた後は、6回まで12者連続で打ち取るなど、レイズ打線を牛耳った二刀流の怪物に、地元メディアも拍手喝采だ。

 地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」は「力強い登板」「全ての球がどれだけクレイジーか」と称え、大谷の登板試合は過去7試合で6勝1敗であることも紹介。

 本拠地ロサンゼルスの地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」も大谷の投球が回を重ねるごとに力強さを増していったと伝え、「圧倒的なスプリットに鋭いスライダー」と投球内容を絶賛していた。

 見事に連敗ストッパーの役割を全うした大谷。背番号17が投げれば負けない――。そんな空気が確かに漂い始めている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー