[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBの最新強打者ランク3位に鈴木誠也 「自宅にいるように打席へ」と順応力を評価

米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手はすでに4本塁打を放つ一方、14四死球で開幕12試合連続出塁も記録。週間MVPを受賞するなど、早くもMLBに順応している。MLB公式サイトは22日、打者の「パワーランキング」最新版を掲載。日本人ルーキーは3位に選出されている。

パイレーツ戦に「2番・右翼」でスタメン出場したカブスの鈴木誠也【写真:AP】
パイレーツ戦に「2番・右翼」でスタメン出場したカブスの鈴木誠也【写真:AP】

3位にカブス・鈴木誠也が選出される

 米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手はすでに4本塁打を放つ一方、14四死球で開幕12試合連続出塁も記録。週間MVPを受賞するなど、早くもMLBに順応している。MLB公式サイトは22日、打者の「パワーランキング」最新版を掲載。日本人ルーキーは3位に選出されている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 開幕から約2週間が経過したMLB。鈴木は22日までで、打率.344、12打点を記録した。出塁率は両リーグトップとなる.520と堂々たる数字を残している。MLB公式サイトは所属記者の投票で打者の「パワーランキング」を発表したが、鈴木は3位にランクインした。

 寸評では「まるで自宅にいるように快適に打席に立っている」「打席での我慢やコンタクトは彼が本物であることを示している」などと絶賛された鈴木。他にも順応の早さなどが評価された。

 1位に選出されたのはノーラン・アレナド(カージナルス)。打率.405、5本塁打、14打点(22日時点)と大活躍で、チームの首位発進を支えている。また8位に入ったのは韓国人の崔志萬(レイズ)。寸評では開幕11試合で21度出塁するなど出塁率の高さが評価されていた。

 鈴木はその後行われた本拠地パイレーツ戦に「2番・右翼」でスタメン出場し、第4打席で4試合ぶりの安打となる中前安打を放った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集