[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

帰ってきたウッズの復帰後初バーディーに米感動 再生100万超「なんというショットだ」

男子ゴルフの海外メジャー第1戦マスターズ(米ジョージア州・オーガスタ・ナショナルGC、7510ヤード、パー72)第1日は7日(日本時間8日)に行われ、昨年2月の自動車事故以来となる復帰となったタイガー・ウッズ(米国)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算1アンダー10位となった。6番パー3で待望の初バーディー。引き連れた大ギャラリーから歓声が上がり、感動の瞬間はネット上でも大いに盛り上がっている。

昨年2月の自動車事故から復帰、通算1アンダー10位となったタイガー・ウッズ【写真:AP】
昨年2月の自動車事故から復帰、通算1アンダー10位となったタイガー・ウッズ【写真:AP】

昨年2月の自動車事故から復帰、6番パー3で復帰後初バーディーを記録

 男子ゴルフの海外メジャー第1戦マスターズ(米ジョージア州・オーガスタ・ナショナルGC、7510ヤード、パー72)第1日は7日(日本時間8日)に行われ、昨年2月の自動車事故以来となる復帰となったタイガー・ウッズ(米国)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算1アンダー10位となった。6番パー3で待望の初バーディー。引き連れた大ギャラリーから歓声が上がり、感動の瞬間はネット上でも大いに盛り上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 この瞬間を待っていた。イーブンで迎えた6番パー3、ウッズがティーショットを放つと、ボールはピン方向に一直線。ピン2メートル手前に着弾すると、この瞬間にもう大歓声が上がった。そのまま弾んで1メートルにピタリ。引き連れた大ギャラリーから指笛と拍手が鳴り響き、歓声を上げた。ウッズはそのままきっちりとパットを沈め、楽々バーディーを奪った。

 今まで幾多のバーディーを奪ってきたが、この意味は格別だ。大けがを負う自動車事故に遭い、選手生命が危ぶまれながらマスターズで復帰。ただ18ホールを回るだけではなく、その技術でギャラリーを沸かせた。この瞬間をマスターズ公式ツイッターは「タイガーは第86回マスターズでレッドナンバー(アンダーパー)を達成」と速報し、動画付きで紹介。再生回数は瞬く間に100万回を超えた。

 米ファンからも「なんというショット」「タイガーが戻ってきた!」「タイガーこれマジで勝っちゃうぞ」「唯一無二の存在」「この存在は永遠」「息ができないほど私は感動している」「美しいショット」などの感嘆の声がコメント欄に寄せられた。この日は3バーディー、2ボギーの71で回り、アンダーパーでプレー。通算1アンダーで首位と4打差の10位タイにつけたウッズ。ゴルフ界の生けるレジェンドが帰ってきた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集