[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「No.1選手じゃない」 米女性記者の大胆発言が話題「なぜなら投手だから」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、7日(日本時間8日)の開幕アストロズ戦に向けて調整を続けている。米放送局「MLBネットワーク」は、メディア独自の“現役選手トップ100”を発表。大谷を1位に選出していたが、同局のトーク番組に出演した女性記者が「オオタニはNo.1の選手ではない。なぜなら投手だから」と発言し、注目を集めている。

ドジャースとのオープン戦でホームランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
ドジャースとのオープン戦でホームランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

“現役選手トップ100”の1位に選出された大谷について議論

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、7日(日本時間8日)の開幕アストロズ戦に向けて調整を続けている。米放送局「MLBネットワーク」は、メディア独自の“現役選手トップ100”を発表。大谷を1位に選出していたが、同局のトーク番組に出演した女性記者が「オオタニはNo.1の選手ではない。なぜなら投手だから」と発言し、注目を集めている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ここまでOP戦3本塁打を放つなど、調整を進めている大谷。「MLBネットワーク」が1日(同2日)に発表した“現役選手トップ100”では1位に選出されるなど、今季も大きな注目を集めている。同放送局のトーク番組「High Heat」ではこのランキングについて、司会のクリス・ルッソ氏と同局のアラナ・リゾ記者が議論を交わした。

 リゾ記者は1位大谷、2位マイク・トラウト外野手のエンゼルスコンビに着目。「1位と2位の選手を抱えているエンゼルスですが、ポストシーズンには行けるのでしょうか?」とチーム力への懐疑的な視点を示した。その上で「オオタニはNo.1の選手ではないと思います。なぜなら投手だから」と大胆発言。この発言が各方面からの話題を集めている。

 米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は自身のツイッターに「46本塁打、リーグ三塁打王、26盗塁を記録していなければね。そうだろ? リゾ」と記した。米ロサンゼルスのラジオ局「KLAA」のエンゼルス番組「ザ・スポーツレッジ」でホストを務めるクリス・ルッソ氏も同様に「ちょっと待て。46本塁打、100打点はなかったことになっているのか?」「意味が分からない」などとつづり、リゾ氏の発言に疑問を呈している。

 リゾ記者のツイッターに直接ツッコミを入れたファンも登場。これに対し、リゾ記者は「彼はユニークな選手だとは思うわ。その通り。でもNo.1選手なの? 私はそうは思わない」と回答していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集