[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

36年ぶりサッカーW杯出場決定のスタジアムに生まれた感動シーンに反響「超ワンダフル」

サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会北中米カリブ海最終予選が27日に各地で行われ、カナダはホームでジャマイカを4-0で下し、36年ぶりの本戦出場が決定。試合後には感動的なシーンが生まれ、「テレビでも雰囲気が伝わってきた」などの声が上がっている。

36年ぶりのW杯出場を決め、歓喜に沸くカナダ代表【写真:AP】
36年ぶりのW杯出場を決め、歓喜に沸くカナダ代表【写真:AP】

カナダが最終予選突破、1986年以来の本戦出場決定

 サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会北中米カリブ海最終予選が27日に各地で行われ、カナダはホームでジャマイカを4-0で下し、36年ぶりの本戦出場が決定。試合後には感動的なシーンが生まれ、「テレビでも雰囲気が伝わってきた」などの声が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 カナダはサイル・ラリンなどのゴールで4得点。すでに敗退が決定しているジャマイカを4-0で圧倒し、最終戦を残して自動出場権を得られる3位以内が確定。1986年メキシコ大会以来、2度目の出場が決まった。

 実に36年ぶりの歓喜をホームで味わったスタジアムはムードが最高潮。試合後は選手がグラウンド上で叩く太鼓に合わせ、サポーターが拍手を繰り返した。会場が一つになったエモーショナルな光景は、テレビ観戦したファンの胸を打った。

 カナダ公共放送「CBC」のレポーター、デビン・ハーロウ氏は客席から撮影した迫力十分の映像を公開。「カナダ女子は五輪で金メダル。カナダ男子はW杯出場を決めた。この国のサッカーファン、スポーツファンにとって何という時がやってきたんだ」と歓喜を共有した。

 ファンからも「カナダサッカー界にとって大きい」「トンネルを抜けた」「素晴らしい」「テレビでも雰囲気が伝わってきた」「サッカーをもう少し勉強しなくちゃ!」「超ワンダフル」などの声が上がり、盛り上がっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集