[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1角田裕毅、参戦2年目へ“変化” 「今でも大嫌い」なトレーニングに打ち込めた背景

自動車レースF1の角田裕毅(アルファタウリ)が9日、オンライン取材で2年目のシーズンへ意気込みを語った。オフシーズンは多くの時間をトレーニングに費やし、フィジカル面の強化を図った。20日決勝の開幕戦バーレーンGPに向け「いいスタートを切りたいし、レベルアップした自分を見せたい」と語った。

角田裕毅【写真:Getty Images】
角田裕毅【写真:Getty Images】

開幕戦バーレーンGPを前に意気込み

 自動車レースF1の角田裕毅(アルファタウリ)が9日、オンライン取材で2年目のシーズンへ意気込みを語った。オフシーズンは多くの時間をトレーニングに費やし、フィジカル面の強化を図った。20日決勝の開幕戦バーレーンGPに向け「いいスタートを切りたいし、レベルアップした自分を見せたい」と語った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ルーキーイヤーを終え、日本に帰国した期間はわずか3週間。うち2週間は自主隔離で、自由に動けたのは7日ほどだった。残った思い出は友人と東京でカニのしゃぶしゃぶを食べたこと。「去年は不漁だったそうで、たまたまあってラッキーでした。今でも鮮明に味を覚えています」と笑顔で振り返った。

 F1参戦2年目へ「今でも大嫌い」と明かすトレーニングに打ち込んだ。1年間戦って感じた最大の課題はフィジカル面。特に首の強化が必要だった。「車のパフォーマンス面をあげるには、フィジカルもあげなければ」。成果は数値にも出ており、フィジカルテストで首の強度は昨年より30~40%程度レベルアップした。

 苦手なトレーニングに打ち込めるようになったのも、今年に懸ける思いからだ。「自分から『この日トレーニングをしたい』と伝えたり、心構え、気持ちが沸いてくるようになりました。(トレーニングは)嫌いは嫌いだけれど、今年いいスタートを切りたいし、レベルアップした自分を見せたい」。弱点の強化に努めた成果を、あとはレースで出すだけだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集