[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外テニス選手がラケットで審判台3連打&大会追放 批判噴出「スポーツへの冒涜だ」

男子テニスのメキシコオープンは22日(日本時間23日)、ダブルス1回戦でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が取った行動に非難が集まっている。試合後に審判が座った審判台の足元をラケットで計4度激しく叩きつけ、大会追放の処分に。「スポーツへの冒涜だ」「1年出場停止になるべきだ」と海外ファンからも批判的な声が上がった。

メキシコオープンに出場していたアレクサンダー・ズベレフ【写真:AP】
メキシコオープンに出場していたアレクサンダー・ズベレフ【写真:AP】

ズベレフが試合後に激怒、本人は謝罪「どれほど後悔しているか」

 男子テニスのメキシコオープンは22日(日本時間23日)、ダブルス1回戦でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が取った行動に非難が集まっている。試合後に審判が座った審判台の足元をラケットで計4度激しく叩きつけ、大会追放の処分に。「スポーツへの冒涜だ」「1年出場停止になるべきだ」と海外ファンからも批判的な声が上がった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 マルセロ・メロ(ブラジル)とのペアで出場したズベレフは、ロイド・グラスプール(英国)、ハリ・ヘリオバーラ(フィンランド)組に2-6、6-4、6-10で敗戦。試合中の判定に納得いかなかったのか、相手選手と挨拶を交わした後、ベンチに戻る際に審判台を3度激しくラケットで叩いた。審判も驚いたように足を上げ、会場も騒然。さらに審判が台を降りる時にもう一発。怒り心頭だった。

 この模様を紹介した英衛星放送「スカイスポーツ」公式ツイッターには「子供じみてる」「スポーツへの冒涜だ」「馬鹿げているよ!」「1年出場停止になるべきだ」「酷い怒りようね」「これはマズいな」など、海外ファンから批判的な声が寄せられた。

 また、米スポーツ専門局「ESPN」も今回の出来事を報道。「ズベレフは審判台を3回叩き、一度座った後に再び立ち上がって審判を『試合をぶち壊した!』と怒鳴りつけ、またラケットで審判台を叩いた」と記し、「この数分前、ズベレフは相手のショットがインの判定になったことに怒鳴り、汚い言葉を発したことでコード・バイオレーションを受けていた。その直後、グラスプールがサービスエースを決めて試合を終わらせた」と触れた。

 この結果、ATPから大会追放処分となったズベレフ。インスタグラムでは「昨日のダブルスの試合後に自分が取った行動について、どれほど後悔しているか言葉にするのは難しい。個人的に審判には謝罪した。自分の激怒が彼に向けられていたのは間違いで、受け入れられないこと。自分自身に失望している。起こるべきことではなかったし、言い訳は存在しない」と謝罪と反省のメッセージを投稿している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集