[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NBAで相手を骨折させた危険ブロック 1試合出場停止に所属チームが声明「処分に反対」

米プロバスケットボール(NBA)で波紋を呼んでいた危険なプレーに処分が下された。21日(日本時間22日)のバックス―ブルズ戦。アレックス・カルーソ(ブルズ)がグレイソン・アレン(バックス)から悪質なファウルを受け、手首を骨折した。実際の動画を米メディアが公開して話題となっていたが、アレンは1試合出場停止処分に。しかし、バックスは「処分について反対します」としている。

バックスに所属するグレイソン・アレン【写真:Getty Images】
バックスに所属するグレイソン・アレン【写真:Getty Images】

手首をはたいた危険ブロック、1試合出場停止処分に

 米プロバスケットボール(NBA)で波紋を呼んでいた危険なプレーに処分が下された。21日(日本時間22日)のバックス―ブルズ戦。アレックス・カルーソ(ブルズ)がグレイソン・アレン(バックス)から悪質なファウルを受け、手首を骨折した。実際の動画を米メディアが公開して話題となっていたが、アレンは1試合出場停止処分に。しかし、バックスは「処分について反対します」としている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 熱くなりすぎたのか。第3クォーター残り6分を切った時。ゴール前でパスを受けたカルーソが、そのままレイアップシュートを狙った。対峙したアレンが空中で腕をはたくように強引にブロック。カルーソはそのまま体勢を崩し、右手からコートに落下した。起き上がることができず、試合は中断。アレンはフレイグラントファウル2で退場となった。

 米メディアはSNSで動画を公開し、米紙「USAトゥデー」が「カルーソは手首の骨折で6~8週間の離脱」と報じていたプレー。米ファンから「ファウルではなく汚いプレーだ」などと波紋を呼んでいた。NBAは23日(同24日)、アレンへ1試合の出場停止処分を発表。米スポーツ専門局「ESPN」はこう報じている。

「NBAは日曜、バックスのグレイソン・アレンが犯したアレックス・カルーソの手首骨折を招くフレグラントファウル2に対し、1試合の出場停止処分を下した」「リリースによると『不必要で過度な接触』により、リーグはアレンを罰した。アレンは水曜のキャバリアーズ戦で処分が適応される予定だ」

 しかし、相手チームについて「バックスは声明で、処分に対し『反対』と記した」と記載。「『処分について反対します。グレイソンをサポートし、金曜のニックス戦で復帰するのを心待ちにしています』とチームは表明した」と伝えている。処分は覆らないものの、所属選手のためにファイティングポーズを取ったようだ。

 ブルズは当時28勝15敗で東地区2位だったが、この試合は90-94で敗れていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集