[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、実は今季ぶちかましていた“超特大155m弾”に米衝撃「何が起きたんだ?」【二刀流の衝撃2021】

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季打って46本塁打、投げて9勝と二刀流で席巻。ア・リーグMVPを受賞するなど、日米を熱狂させた。そんな歴史的シーズンを「二刀流の衝撃2021」と題し、グラウンド内外のさまざまな名場面を振り返る。今回は7月、ホームランダービーの打撃練習で放った超特大の155メートル弾だ。実際の映像を米メディアが公開すると「信じられない」「ちょっと待ってくれ」などと驚きの声が集まった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

「大谷翔平の名場面総集編」7月、球宴HRダービーの打撃練習で衝撃的な一発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季打って46本塁打、投げて9勝と二刀流で席巻。ア・リーグMVPを受賞するなど、日米を熱狂させた。そんな歴史的シーズンを「二刀流の衝撃2021」と題し、グラウンド内外のさまざまな名場面を振り返る。今回は7月、ホームランダービーの打撃練習で放った超特大の155メートル弾だ。実際の映像を米メディアが公開すると「信じられない」「ちょっと待ってくれ」などと驚きの声が集まった。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 本番前から会場がどよめきに包まれた。7月12日(日本時間13日)、日本人初のホームランダービーに出場した大谷。打撃練習でフルスイングしたボールは高々と舞い上がり、なんと右翼席奥に設置されたデッキ最上段の柵に直撃した。その距離なんと約155メートル。カメラが着弾地点を拡大すると、付近のファンは呆れたように笑っていた。

 実際の映像をMLB公式ツイッターが公開。また米ロサンゼルス放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターは、文面に「ショウヘイは打球を500フィート以上かっ飛ばした。普通の打撃練習なのだが」とつづっていた。

 米ファンからは「最高のパフォーマンスだ」「オオタニのような選手は見たことがない」「信じられない」「ちょっと待ってくれ」「音速を超える本塁打を放つだろう」「何が起きたんだ?」「ショウヘイの打撃練習で24時間のドキュメンタリー番組が作れる」などとコメントが寄せられていた。この後に出場したホームランダービーでは1回戦でナショナルズのフアン・ソト外野手と対戦し、28本のアーチを描いたが惜しくも敗退。それでも大いにファンを沸かせていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集