[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平「マ~イク?」 疲労→笑顔になった“3秒の電話”に米興味「何を話した?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、オールスター前日に行われるホームランダービーに出場。1回戦でナショナルズのフアン・ソト外野手に敗れた。競技途中で、同僚のマイク・トラウト外野手と電話。「マ~イク?」と呼び掛け、短い通話で笑顔になった。実際の映像を球団が公開。米ファンからは「これは面白い」「兄弟愛」などと反響が寄せられている。

日本選手として初のホームランダービーで鋭い打球を飛ばす大谷翔平【写真:Getty Images】
日本選手として初のホームランダービーで鋭い打球を飛ばす大谷翔平【写真:Getty Images】

HR競争中、同僚からかかってきた電話で笑顔に

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、オールスター前日に行われるホームランダービーに出場。1回戦でナショナルズのフアン・ソト外野手に敗れた。競技途中で、同僚のマイク・トラウト外野手と電話。「マ~イク?」と呼び掛け、短い通話で笑顔になった。実際の映像を球団が公開。米ファンからは「これは面白い」「兄弟愛」などと反響が寄せられている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大舞台で、電話越しに同僚の声を聞いた。1回戦、大谷は序盤で打球が上がらず苦戦。途中のタイムアウトでは「あと何秒?」と膝に手をつき、疲れた様子だった。ここで、通話中となっているスマートフォンが大谷の耳元へ届けられた。

 大谷は「マ~イク?」と呼び掛ける。相手はトラウトだ。僅か3秒程のやり取りだったが、何かを聞いた大谷は噴き出すように笑顔に。エンゼルス公式ツイッターは実際の映像を公開し「ダービーの途中にトラウトから電話? プライスレス」と紹介している。

 米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート」は「トラウトがHRダービーの途中にオオタニに電話をかけた」と見出しを打って記事を掲載。リラックスするように声をかけられたことを伝えている。

 延長戦の末敗れた大谷だが、このシーンに米ファンは「トラウトは何を話したんだろう」「同僚をサポート」「兄弟愛」「これは面白い」「なんという優しいチームメイト」「ショウヘイが困っているのは結構笑った」などと反応している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集