[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全員騙された! 台湾プロ野球の“珍HRキャッチ”に米笑撃「史上最高のおふざけだ」

台湾プロ野球(CPBL)で珍プレーが起きた。本塁打と思われた打球を中堅手が実は捕っていたというシーン。CPBL公式ツイッターが動画を公開すると、米メディアも注目し、米ファンから「史上最高の価値のあるおふざけ」「最低のアイディアだけど、エンタメ性はあるね」と反響が集まっている。

富邦ガーディアンズのリン・チェシャン【写真:Getty Images】
富邦ガーディアンズのリン・チェシャン【写真:Getty Images】

台湾プロ野球で珍事、本塁打と思ったら…

 台湾プロ野球(CPBL)で珍プレーが起きた。本塁打と思われた打球を中堅手が実は捕っていたというシーン。CPBL公式ツイッターが動画を公開すると、米メディアも注目し、米ファンから「史上最高の価値のあるおふざけ」「最低のアイディアだけど、エンタメ性はあるね」と反響が集まっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 全員が騙された。16日の富邦ガーディアンズと統一ライオンズ戦。2-2の6回、統一の攻撃だ。先頭の左打者が中越えの飛球を放つと、中堅手のリン・チェシャンはフェンスにぶつかりながらジャンプ。懸命に腕を伸ばした。入ったのか。着地と同時にだらりと腕を垂らし、うつむくリン。打者はガッツポーズしながら走り、富邦ベンチとスタンドは拍手喝采だ。

 しかし、珍しいシーンはここからだ。富邦ベンチはグラウンドを指さし、生還した打者がピタリと止まって振り返る。いつの間にかボールが返球されていた。捕っていたのだ。今度は統一が拍手。騒然とした雰囲気の中で球審は戸惑っているようだが、リンはしてやったりの笑みを浮かべている。

 テレビ中継でも一時は1点が加えられたが、修正されて1死走者なしとなった珍シーン。なぜ“演技”したのかわからないが、CPBL公式ツイッターが動画を公開すると、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のスティーブ・バーマン記者によるアカウント「ベイエリアスポーツガイ」公式ツイッターが「本塁打を強奪し、まるで捕っていないかのように振る舞ったのは、どんな非紳士的行為よりも敬意を欠くものだ。ゲームに凄いものを加えた」と注目。コメント欄には米ファンの反応が集まっている。

「ハハハハハ。これはアメージング」
「これはかっこいい」
「最低のアイディアだけど、エンタメ性はあるね」
「これ大好き」
「これいいね! 喜んだ気持ちはどうだった?」
「今までで見た中で一番冷酷な茶番だ」
「敬意を欠いているんじゃなくて、素晴らしいと思うけど」
「史上最高に価値のあるおふざけ」

 台湾国内だけでなく、米国にも笑撃が広がっているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集