[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4-0→7-4→9-12→12-13x WS第5戦、壮絶すぎる得点経過に米騒然「これは間違い?」

米大リーグのワールドシリーズ第5戦は29日(日本時間30日)、アストロズが延長10回の末にドジャースを13-12のサヨナラで下した。対戦成績を3勝2敗とし、世界一に王手。試合はアストロズが最大4点差、3度のビハインドを追いつき、逆に9回は3点リードを追いつかれるという大熱戦の末に勝利をつかんだ。

アストロズ、両軍計7本塁打28安打25得点の5時間超え死闘でサヨナラ勝ち

 米大リーグのワールドシリーズ第5戦は29日(日本時間30日)、アストロズが延長10回の末にドジャースを13-12のサヨナラで下した。対戦成績を3勝2敗とし、世界一に王手。試合はアストロズが最大4点差、3度のビハインドを追いつき、逆に9回は3点リードを追いつかれるという大熱戦の末に勝利をつかんだ。

 両軍合わせて、7本塁打28安打25得点。ドジャース―アストロズの以下のイニング得点経過は以下の通りだ。

3-0(1表)
4-0(4表)
4-4(4裏)
7-4(5表)
7-7(5裏)
8-7(7表)
8-11(7裏)
9-11(8表)
9-12(8裏)
12-12(9表)
12-13x(10裏)

 計20回あった攻撃のうち、実に11回で得点が動いている。最大得点差は4回表のドジャース4点リード。しかし、4回裏にアストロズが一気に追いつくと、あとは互いに点の取り合いで激しい試合となった。延長10回裏にアストロズがサヨナラ勝ちを演じるまで、5時間を超えた。

 米FOXスポーツMLBも公式ツイッターで延長戦に突入するまでの得点経過を掲載。ファンからは「アメージング」「これは間違い?」「なんて試合だ!」と大反響を呼んでいた。全米の度肝を抜く歴史的な熱戦となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集