[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

40歳伊達公子が女王と死闘 ウィンブルドン名場面にWTA選出「コートは衝撃で沈黙」

WTA公式サイトは1日(日本時間2日)、ウィンブルドンの2回戦名場面トップ8を紹介。テニスの女子シングルス元世界ランク4位・伊達公子氏が、2011年にビーナス・ウィリアムズ氏(米国)と繰り広げた激戦が選出された。試合後に2人ががっちりと握手を交わす写真も掲載されている。

現役時代の伊達公子氏【写真:Getty Images】
現役時代の伊達公子氏【写真:Getty Images】

ウィンブルドン2回戦名場面トップ8、2011年の伊達公子VSビーナス選出

 WTA公式サイトは1日(日本時間2日)、ウィンブルドンの2回戦名場面トップ8を紹介。テニスの女子シングルス元世界ランク4位・伊達公子氏が、2011年にビーナス・ウィリアムズ氏(米国)と繰り広げた激戦が選出された。試合後に2人ががっちりと握手を交わす写真も掲載されている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 WTAは「ビーナス、ナブラチロワ、ダテらが2回戦の名場面で時計の針を巻き戻す」と題した記事を掲載した。過去20年間のウィンブルドン2回戦名場面トップ8を、年代順に紹介。2011年に行われたビーナス対伊達の試合では「センターコートは衝撃による沈黙に包まれた」と、伊達のパフォーマンスが驚異的であったことを強調した。

 当時40歳だった伊達は、31歳で5度のウィンブルドン優勝を誇る“女王”ビーナスから、タイブレークの末に7(6)-6で第1セット(S)を先取。しかし、第2Sを3-6で奪われると、第3Sも激闘の末に6-8で惜敗。同記事は、3時間近い「壮絶な戦い」を終えた両者に、会場からスタンディングオベーションが送られたことも紹介した。

 この試合で1996年の準決勝以来、15年ぶりにウィンブルドンのセンターコートに立った伊達。年齢が9歳も離れたトップ選手を相手に見せた奮闘は、今でも多くのファンの心に残っているのだろう。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集