[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

不足すると“動けない体”になる危険性も 選手の体調左右する栄養素とは

女性アスリートにとって、キーポイントとなる栄養補給は「鉄分」である――。そう語るのはスピードスケート・ショートトラックで3度の五輪出場を果たした勅使川原郁恵さんだ。

20160622_teshigawara_ec

特に女性アスリートにとってキーとなる栄養素

 女性アスリートにとって、キーポイントとなる栄養補給は「鉄分」である――。

「運動経験の有無にかかわらず、女性って貧血が多くなりがちになってしまいますよね? だからこそ私も鉄分を多く取るようにしていました」

 そう語るのはスピードスケート・ショートトラックで3度の五輪出場を果たした勅使川原郁恵さんだ。

 女性は生理などにより血液に含まれる鉄分が枯渇しがちになり、それによって貧血が起きてしまう。実際に勅使川原さんも「いくら頑張っても自分の動きができず、頭の中でのイメージと同じようなパフォーマンスを出せない経験がありました」とコンディションが整わない状況があったことを明かす。

 そんな過去を踏まえた上で、同氏は詳細な鉄分不足のデメリット、そしてそれを改善するために効果的な食材をこう説明する。

「いつもと違う疲労感がある時は、鉄欠乏症の可能性があります。鉄分が減ると、酸素を運ぶ重要な役割のヘモグロビンに影響が及びます。ヘモグロビンは鉄とタンパク質からできているため、鉄が減ってしまうと酸素が行き渡らなくなってしまう。これは皆さんも起こり得ることです。鉄分が多い食品と言えばレバー、ひじきです。これに鉄の吸収をよくするビタミンCを一緒に取ると吸収率がアップします。オレンジジュースなどで大丈夫です」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集