[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

11年ぶり出場の筑陽学園、岩崎巧の決勝弾で初戦突破 愛工大名電は初出場初勝利を逃す

第98回全国高校サッカー選手権は31日、1回戦が首都圏8会場で行われた。NACK5スタジアム大宮では11年ぶり出場の筑陽学園(福岡)が初出場の愛工大名電(愛知)を1-0で破り、2回戦進出を決めた。

筑陽学園・FW岩崎巧(2年)の先制ゴールに喜ぶ選手たち【写真:宮内宏哉】
筑陽学園・FW岩崎巧(2年)の先制ゴールに喜ぶ選手たち【写真:宮内宏哉】

前半アディショナルタイムの得点が決勝点に

 第98回全国高校サッカー選手権は31日、1回戦が首都圏8会場で行われた。NACK5スタジアム大宮では11年ぶり出場の筑陽学園(福岡)が初出場の愛工大名電(愛知)を1-0で破り、2回戦進出を決めた。

 立ち上がりは愛工大名電が両サイド、中央から積極的にゴールを狙うなど、主導権を握った。前半25分過ぎにはFW森重裕太郎(3年)がミドルシュートを狙うも、枠内をとらえられず。前半34分にはMF冨田拓未(3年)のコーナーキックをFW平井碧(3年)がヘディングで合わせるも、ゴール右に外した。

 一方の筑陽学園は守備からカウンターを狙うなど、徐々に攻撃のリズムを作る。前半25分過ぎからサイドを起点とした攻撃を続けると、前半アディショナルタイムにMF藤隆成(3年)のコーナーキックをFW岩崎巧(2年)が頭で合わせ、先制ゴールを奪った。直後にホイッスルが鳴り、筑陽学園が前半を1-0とリードで終えた。

 追いつきたい愛工大名電だったが、後半も筑陽学園のディフェンス陣を最後まで崩せず。筑陽学園が1-0で、年明け1月2日の2回戦へと駒を進めた。初出場の愛工大名電は、強豪として知られる野球部もスタンドから声援を送る中、ペースを握る時間帯がありながらチャンスを生かしきれず、選手権初勝利を逃した。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集