[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メンバー外の仲間のために 東山の“急成長”FW芦谷、努力で掴んだ選手権初ゴール

第100回全国高校サッカー選手権は2日、駒沢陸上競技場で3回戦が行われ、第2試合では東山(京都)が3-0で長崎総科大附(長崎)に勝利を収めた。東山は前半から試合を優位に進め、3得点。勝利の裏にはひたむきに努力を重ねてきた選手の姿があった。

今大会初ゴールを決め、チームの勝利に貢献した東山のFW芦谷斗亜【写真:関臨】
今大会初ゴールを決め、チームの勝利に貢献した東山のFW芦谷斗亜【写真:関臨】

長崎総科大附を3-0で破り8強進出、準々決勝で青森山田と“再戦”へ

 第100回全国高校サッカー選手権は2日、駒沢陸上競技場で3回戦が行われ、第2試合では東山(京都)が3-0で長崎総科大附(長崎)に勝利を収めた。東山は前半から試合を優位に進め、3得点。勝利の裏にはひたむきに努力を重ねてきた選手の姿があった。

 試合終了の瞬間、選手たちの顔に満面の笑みが広がった。長崎総科大附を相手に3点差での勝利。1-0の後半23分に貴重な追加点を挙げたFW芦谷斗亜(3年)は試合後、「なんとかもう1点取って、チームを楽にさせたい気持ちで次の点を狙いにいった」と振り返った。

 選手権まで決して順風満帆ではなかった。芦谷は1年生ではCチームに所属。一時期はFWをはじめ、サイドハーフ、サイドバックも経験した。「試合に出るためにどのポジションを狙っていけるか」。トップで活躍するために、当時所属していたBチームのコーチとも相談し、FW一本で勝負する道を選んだ。

 球際で相手DFを抑えられるFWになる。そのために「食事やウエートトレーニングなど体づくりを中心に人一倍頑張った」と、これまでの努力を明かした芦谷。「夏より体が一回り大きくなって、前線で時間を作れるようになった」と自身で今大会までの成長を実感すれば、福重良一監督も「府大会予選終わってから、全国大会まですごく成長してくれた。良い選手という評価で先発を続けてもらっている」と賛辞を送った。

 芦谷は得点を挙げた後、スタンドに向かってガッツポーズ。その理由について問われると、「一緒にやっていた選手たちが応援に来てくれて、『絶対に全国(選手権)で決めてくれよ』と出発前に声をかけてくれた。絶対に全国で1ゴールを届けたいと思っていた」と試合前のやり取りを明かした。

 4日に行われる準々決勝の相手は優勝候補筆頭の青森山田。夏のインターハイでも準々決勝で顔を合わせており、2-5で敗れている。芦谷はこの大会には同行することができず、京都から試合を見届けたが、選手権での再戦に向けて「押し込まれる時間が続くと思うが、前線の2人で攻撃の起点になりたい」と決意を口にした。

 試合に出場できない仲間たちの期待に応えるべく、次戦もゴールを奪いにいく。

(THE ANSWER編集部・関 臨 / Nozomu Seki)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集