[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「タカナシの涙、謝罪。悲しい場面だ」 高梨沙羅、海外女性レポーターも同情した5秒間の行動

北京五輪は7日、新種目のノルディックスキージャンプ混合団体(出場10チーム)が行われ、日本は4位入賞となった。高梨沙羅(クラレ)がスーツの規定違反で1回目は失格となったが、2回目では98.5メートルをマーク。着地後は涙を流した。海外の実況担当者は、高梨が中継カメラに向けてとったある行動に注目していた。

2回目のジャンプ後に涙を見せた高梨沙羅【写真:AP】
2回目のジャンプ後に涙を見せた高梨沙羅【写真:AP】

北京五輪・ジャンプ混合団体、競技を終えた高梨の行動とは

 北京五輪は7日、新種目のノルディックスキージャンプ混合団体(出場10チーム)が行われ、日本は4位入賞となった。高梨沙羅(クラレ)がスーツの規定違反で1回目は失格となったが、2回目では98.5メートルをマーク。着地後は涙を流した。海外の実況担当者は、高梨が中継カメラに向けてとったある行動に注目していた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 高梨は103.0メートルを飛び、124.5点をマーク。しかし、その後スーツの規定違反で失格となっていた。それでもオーストリアとドイツにも失格者が出たため、日本は2回目に進出。高梨は意地の98.5メートルを飛び、着地後はうずくまって涙した。

 その後、中継カメラに向けてとった高梨の行動に注目したのが、ポーランド公共放送「テレビ・ポロニア」の実況担当、サラ・カリシュ氏だった。スキー板を持った高梨は、涙ながらに深々と一礼。約5秒間、頭を下げた。

 カリシュ氏はツイッターにこの場面の写真を公開。「タカナシの涙、謝罪。悲しい場面だ」と記した。2回目も合わせ、計5人の失格者が出たこの日。海外メディアからも疑問の声があがっていたが、高梨の姿は心を打っていたようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集