[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「お化けフォーク」はなぜ消える? 千賀滉大のように投げたい中高生が学ぶべきこと

ピッチングストラテジストの内田聖人氏【写真:荒川祐史】
ピッチングストラテジストの内田聖人氏【写真:荒川祐史】

千賀のようなフォークを投げたい中高生へ、学ぶべき本質は「向上心」

 フォークを武器にする中高生なら、みんな千賀投手のようなフォークを投げたいと思います。

 しかし、敢えて言わせてもらうと、千賀投手と握りを真似しても、千賀投手のフォークは投げられるとは限りません。フォークは難しい球種。カーブのように自分で回転をかける球種じゃなく、指の長さによっても指の圧力によっても軌道が変わるからです。

 今大会の記事で繰り返していますが、まずは手先だけじゃなく全身で投げること。あとは良いところを盗みつつ、自分の体に置き換えて調整していくことが大切です。それが、上手くなる上での本質にあると思います。

 ただ、一つ言えるとするなら、千賀投手のような野球人になろうということ。

 千賀投手は私が主宰するオンラインサロン「NEOREBASE」に参加していただいており、今年1月には千賀投手の自主トレに私が2日間参加。今もたまに連絡を取らせてもらっていますが、一番に思うのはストイックに裏打ちされた向上心が凄まじいこと。

 日本を代表し、世界に通用するあれだけの投手が、常に上手くなろうとしている。現状維持は退化といいますが、まさにそんな意識を持っている。子供たち、野球選手に限らず学ぶべき姿に感じますし、私もここで止まっていちゃダメだと影響を受けています。

 シーズン中ですら、自分の体を実験台にしてトーレニングをしている。今まで接してきた野球選手はシーズン中は“調整”に走るイメージでした。なのに常に進化を求めている。この点は本当に尊敬しています。

 千賀投手のように常に上手くなろうという意識をもって、日々取り組むこと。これが、千賀投手のフォークに近づく一番の近道です。

■内田聖人 / Kiyohito Uchida

 1994年生まれ。早実高(東京)2年夏に甲子園出場。早大1年春に大学日本一を経験し、在学中は最速150キロを記録した。社会人野球のJX-ENOEOSは2年で勇退。1年間の社業を経て、翌19年に米国でトライアウトを受験し、独立リーグのニュージャージー・ジャッカルズと契約。チーム事情もあり、1か月で退団となったが、渡米中はダルビッシュ有投手とも交流。同年限りで指導者に転身。昨年、立ち上げたオンラインサロン「NEOREBASE」は総勢400人超が加入、千賀滉大投手らプロ野球選手も多い。個別指導のほか、高校・大学と複数契約。自身も今年自己最速を更新する152キロを記録。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集