[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

練習のやり過ぎがパフォーマンス低下に 専門家が見極める5つのポイントとは

広島東洋カープの石井ヘッドトレーナー【写真:荒川祐史】
広島東洋カープの石井ヘッドトレーナー【写真:荒川祐史】

練習に必要なのは明確な目標と客観的な指標

4偏った練習項目になっていないか。

 毎日同じメニューになっていないか。ウォームアップドリルとしてキャッチボールなどは行うが、練習メニューや強度、量に変化がなく、毎日同じメニューの運動を繰り返すと、ストレスが同じ箇所かかり怪我の原因になったり、パフォーマンスが上がらないことにつながる。身体が大きくならないことがある。

5定期的な評価がなされているか。

 選手の競技能力の評価はもちろん、筋肉量や体脂肪率なども重要な指標になる。体重だけでは、筋肉量が増加したのか、体脂肪が増加したのかが判別しづらいので、体脂肪率も測定することが大切。ただ測定誤差もあるので、同じ機器で、同じタイミング(練習前など)で測定することが望ましい。

(※発汗が多い季節や競技においては、体重測定は脱水の評価にも有効なので、練習前と練習後に実施することが望ましい。練習後に体重の2~3パーセント以上の体重低下が見られた場合には、脱水症状が出ており、給水のタイミングに注意が必要。その際にはミネラルの補給も重要なので、スポーツドリンク等の使用がおすすめ)

 以上の5つの項目を理解して頂いた上で、以下のことに留意してもらえればと思います。

・練習する上で明確な目標を決める。
・練習は、メニューや強度などに注意して変化を持たせる。休養も必ず必要である。
・定期的に筋量と体脂肪率を測定して客観的な指標で評価する。
・身体の異常には早めに対応して、状況を確認する。
・筋量の低下や疲労による食欲低下、慢性的な痛みを発症している場合は、オーバートレーニングが考えられるので、練習メニューの改善など対策をとる。

 最後に、団体競技においては、選手の個別管理は難しいかと思います。指導者の方は日頃より選手の動きに注意することも大切ですが、体重や筋量の変化に注目するのも、個々の状態を把握する上で良い指標になります。また、オーバートレーニングを予防するには、こうした評価項目を設定して対策することが、選手育成には大切だと考えます。

(石井 雅也 / Masaya Ishii)

1 2 3

石井雅也

1965年9月3日、広島県生まれ。株式会社広島東洋カープトレーナー部長、ヘッドトレーナー、日本プロ野球トレーナー協会会長。広島東洋カープ、エグザス治療院、JTサンダース、ピープル(現コナミスポーツ)競泳選手パーソナルトレーナー等を経て現在は広島東洋カープトレーナー部長。選手たちの体を支え、2016年からのリーグ3連覇に大きく貢献する。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集