[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小学生に筋トレさせてもいい? 子どもに適した筋トレと「意味のない」筋トレとは

惰性で何十回、何百回とやらせても「意味がありません」

 ただし、こういった動きのトレーニングは、動きのコントロール能力を磨く目的なので、惰性で何十回、何百回とやらせても意味がありません。集中して動きを制御して行うことに意味があります。「まだまだ、力を出し切っていないじゃないか!」という類の叱咤や指導は合わないでしょう。大人の理論をもって、“オールアウト(筋肉を限界まで追い込むこと)”しても、筋肉は大きくなりにくいし、ともすればケガの原因にもなる。意味がないのでやめましょう。

 ちなみに私も小学校低学年の時、アーノルド・シュワルツェネッガーの体に衝撃を受けて、「シュワちゃんのような体になりたい!」と自分なりに腕立て伏せをやったりしました。もちろん、ムキムキにはなれなかったのですが、「そうなりたい」という憧れを抱き、自分で工夫しながら筋トレをやること自体が楽しかったことを覚えています。大好きなスポーツ選手の真似をするのと一緒ですよね。

 憧れに向かって進んでいくという楽しみは、原動力としてとても大切です。本人が楽しんで運動できるように、しかし、あまり効果的でないものばかりに時間を割いてしまって、その時期に伸ばすべき能力を伸ばしきれないという悔いが残ることのないよう、サポートしてあげてください。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集