[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

練習後の「10分」でパフォーマンスが変わる だから、クールダウンは侮れない

クールダウン中に反省、復習することで自身のステップアップに

 クールダウンは5~10分程度で完了します。練習でヘトヘトだからといって、クールダウンを飛ばすのは体にとってかえってマイナスです。むしろ、たった5~10分、ケアを行うだけで、疲れが溜まりにくくなり、パフォーマンスも向上します。

 また、クールダウンの時間は、体だけでなく心をリセットできる貴重な時間でもあります。子どもたちは練習後、塾に行ったり友達と遊んだりと、すぐ別のことに気持ちを持っていかれるので、改めて自分と向き合う時間を持つのは難しい。しかも、時間が経つほど、反省する内容などどんどん忘れ去ってしまいます。

 どんなアスリートもクールダウンの時間に、「今日はこういう練習が足りなかった」「こんなプレーがダメだった」「今日はよくできたな」など、一日の練習や試合を振り返っています。小学生のうちは楽しいだけでもOKですが、中学生以上になったら、ただ漫然とストレッチをするだけではもったいない。一つ一つのプレーや練習の内容を振り返り、反省や復習をする。そして、次回の課題を設定することで、自身のステップアップにつなげましょう。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集