[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

シュワちゃんは「最強です」 “賢い努力”で時代の先にいた「アーノルド」という神

ボディビルをやればやるほど追いつけないと痛感させられるアーノルド

 今、当時のアーノルドを「ちょっと足が細いよね」と評するビルダーの方もいます。確かに、当時のアーノルドが今の大会に出て、今の傾向で審査されたら負けると思います。でも、バランスは素晴らしくいいし、間違いなく「カッコいい」。そう考えると、「異様と感じるまでにデカい筋肉はいらないんじゃないか?」とも思います。もしかしたら、当時のアーノルドが出場したら、審査員の目が覚めて、優勝してしまうかもしれません(笑)。

 確かにアーノルドは、ボディビルダーとして成功するあらゆる肉体的な才能を有し、「なるべくしてなったレジェンド」です。しかし、同時に「パンピングアイアン」や本などで彼のことを知るほど、大変な、そしてアーノルドの言葉でいう“賢い努力”(正しい方策、というニュアンスでしょうか)をし、凄まじい情熱を持って、自分の道を切り開いてきた結果なのだと感じます。

 私はアーノルドに憧れ、彼のようになりたくて筋トレを始めました。しかし、ボディビルをやればやるほど彼のすごさを知り、絶対に追いつけないと痛感。今では「私には私の幸せがあるかな」と思い(笑)、自分にしか作れない肉体(自分なりの肉体美)と、自分にしかできない生き方を追求しています。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集