[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

減量の新常識は「食べて絞れ!」 “キレ食い”を発動させない「1日5食」理論

「THE ANSWER」の連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』」。現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏(日体大准教授)が日本の男女の“ボディメイクの悩み”に熱くお答えする。32限目のお題は「体を絞る際の食事法」について。

食事を3回ではなく、5回に分けるのがオススメ
食事を3回ではなく、5回に分けるのがオススメ

連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』32限目」

「THE ANSWER」の連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』」。現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏(日体大准教授)が日本の男女の“ボディメイクの悩み”に熱くお答えする。32限目のお題は「体を絞る際の食事法」について。

 ◇ ◇ ◇

 Q.体を絞りたいので、筋トレを始めただけでなく、3度の食事の内容も、低脂肪・低炭水化物に切り替えました。でも、毎日、腹が減ってくじけそうです……。

 脂質の高い食事は、胃に滞在する時間が長く、腹持ちがいい上に満足感が高いという特徴があります。一方、低脂肪の食事は消化が良く体への負担は少ないが、腹が減りやすい。だから余計に「空腹がツラい」と感じるのでしょう。

 しかも1日3食では、食事と食事の間が5~6時間は空きますからね。そりゃあ誰だって空腹でキレそうになります。

 しかし、1日3食しか食べてはいけないと誰が決めたのでしょう? 

 体を絞る際、エネルギーの収支バランスの調整がいかに重要かを説くと、「でも、それじゃあ、お腹が空くじゃないですか~」と、よくいわれます。でも、腹が減るなら、また食えばいい。皆さん、3回ルールに縛られすぎです。

 人は空腹が強すぎると、「腹が減った……おいしいものを食べたい……」という感情が生まれます。私にも、なくはない。そして、「食べたい」という感情をガマンしすぎると、反動は必ず来ます。私はそれを「“キレ食い”が発動する」と表現していますが、この状況を作らないためには、食事を3回ではなく、5回、6回に分けて、なるべくこまめに食べるのがオススメです。

 ただし、5食ガッツリ食っていい、という話ではありません。回数は増やしても量は増やさない。3食分を5食に分けて食べればいい、ということです。すると、一回一回の量は少なくなりますが、空腹の時間は間違いなく短くなります。それだけに、めちゃめちゃ空腹の状態にはなりにくい。3食だと満腹→空腹→満腹→空腹の繰り返しなりますが、5食だと、腹八分目→やや空腹→腹八分目→やや空腹と、大きな空腹感の波が起こりにくい。ここが大事なポイントです。

1 2 3

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集