[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、ダイエットは長続きしないのか 「受かることが目標」の受験勉強と同じ“罠”

ときには「自分を許してあげる気持ち」を持って

 真面目な人ほど、「一切、○○を食べない」「毎日、○○をしよう」などと、極端な決め事を設定しがちです。しかし、ダイエットは「できるだけ長く続けられる」ことを見つけることが成功のコツ。いきなり高いハードルを設定するのではなく、最初だからこそ、自分が続けらそうな低いハードルを設定しましょう。

 もしも、お酒を毎日飲む習慣があるなら、まずは3日に1回に減らしてみます。「意外と楽だな」「もっとできそうだな」と感じたら、今度は4日に1回、週末1日だけとさらに減らしていきましょう。一見、遠回りに感じますが、実は「痩せるまで一滴も飲まない!」などと決めるよりも、習慣化できる確率は上がり、リバウンド率もぐっと下がります。

 また、ときには、自分を許してあげる気持ちを持ってください。

 例えば、私はピザが大好きです。なかでも高カロリーといわれる、宅配ピザが大好物。でも、月1回は好きなだけ食べることを、自分に許しています。どんなに高カロリーでも、月1回、ピザを食べたところで、急に太ったりはしませんからね。

 運動が続かないという方も同じです。何もダイエットにいい運動は、ランニングやスイミング、筋トレだけではありません。ウォーキングから始めてもいいし、昔、部活でやっていた運動にもう一度、チャレンジするのもいい。サッカーでもバスケットでも、自転車や登山でも、通勤時間に歩く割合を増やすだけでもいい。

「目標達成のためにやらなければいけないこと」ではなく、自分が「楽しい」「気持ちいい」と思うもの、「充実感を得られるもの」をまずは見つけてください。もちろん、一つに決めなくてもいいし、飽きたらまた別の運動をやればいいと思います。

 まず、「ダイエットは辛く、苦しいのが当たり前」という思い込みを捨ててください。そして、以前成功した方法ではモチベーションが上がらないのであれば、今、興味のある食事法や運動のなかから、「これなら続けられるかな」と思うことを始めてみましょう。

 続かない、合わないと思ったら、また違う方法を試してみればいい。年や時期によって合うものが変わる人もいますし、いつか必ず、自分に合う方法が見つかります。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集