[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

運動は「将来の健康への先行投資」 糖尿病対策に「ウォーキング」が向くワケ

忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。

糖尿病対策に「ウォーキング」が向く理由とは
糖尿病対策に「ウォーキング」が向く理由とは

連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」

 忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。

 年を重ね、忙しく働くサラリーマンにとって、気になるのが「糖尿病」。最近は痩せている人、若い人も「隠れ糖尿病」がいるとされ、問題は多い。どうすれば、しっかりと糖を消費し、健康体でいられるのか。中野氏がトレーナーの観点から助言する。

 ◇ ◇ ◇

 厚生労働省が発表した2016年度の「国民健康・栄養調査」によると、現在、日本で糖尿病が疑われる人、および糖尿病予備軍の人は、いずれも約1000万人にのぼります。日常生活での運動量が極端に減っている現代、糖尿病は誰もがかかる可能性の高い病気の一つです。

 糖尿病患者と聞くと、肥満体の人をイメージされる方は多いと思いますが、実は、日本人に多いのは、痩せている人や若い人も発症するという「隠れ糖尿病」。空腹時は正常でも食後の血糖値がグンと高くなるのが特徴で、毎年、健康診断を欠かさないにも関わらず、気づかぬうちに糖尿病になっていた、というケースが多いそうです。

 現代社会に生きるすべての大人たちにとって、糖尿病は他人事ではありません。特に、美味しい物は大好き、運動は嫌い、という方は要注意。糖尿病「予備軍」のうちから、糖を消費する生活にシフトしましょう。

 糖を消費する生活に肝心なのは、ズバリ、運動習慣。これは、「予備軍」だけでなく病気が進行している方にもいえます。

 多くの人は糖尿病になると「一生、美味しい物を食べられない」「超厳しい食事制限しなければならない」などなど、お先真っ暗なイメージを抱いていると思います。でも、実はそんなことはありません。発症後も食事療法などで血糖値のコントロールが順調であれば、お酒も甘い物もたまには摂ってもOK。その際、運動が大いに役に立ちます。

 糖は運動時に筋肉を動かすエネルギー源。つまり、血糖値を下げたいならば、筋肉をこまめに動かして消費してしまえばよい。そして、なるべく効率良く、大量に糖を消費するには、大きな筋肉が集まる下半身を動かし続けるのがポイントです。

 一番おすすめしたいのは「ウォーキング」。ウォーキングならば、特別なテクニックが必要なく、体重が重くても、運動経験がなくてもスタートできます。ただし、糖は筋肉をダイナミックに使うほど大量に消費できるので、狭い歩幅でちょこちょこ歩いたり、ダラダラと歩いたりするのはNG。軽く息が上がる程度のスピードで、一歩一歩、しっかり踏み込みながら、大股で歩くのがポイントです。

1 2

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集