[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「休む」に罪悪感は要らない? 梅雨のランニング、家で代わりにできる簡単トレを指南

自宅でできる“ランニング代替エクササイズ”
自宅でできる“ランニング代替エクササイズ”

中野氏が指南する、自宅でできる“ランニング代替エクササイズ”は?

 外でジョギングができなかった日はステップエクササイズと有酸素系スクワットでカロリー消費!

○ステップエクササイズ

 リズミカルに、ステップを上がる下りるを繰り返す。ジョギングと同じ時間続ければ、同等にカロリー消費できる

○スクワット

 両足を肩幅に開いて立つ。後ろにあるイスに座るイメージで、お尻を突き出しながら浅く腰を下ろす。有酸素運動として行う時は、膝の角度を90度よりも浅めにして、リズミカルに100~200回程度行う。たくさん行えば行っただけ長い距離を走った状態に近くなる。

 腰を下ろした際、膝がつま先より前に出たり、内側に倒れたりしないよう注意。

1 2 3 4

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集