[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

彼女に痩せろと言われるけど、運動は面倒… 食事制限だけじゃダメですか?

現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏【写真:荒川祐史】
現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏【写真:荒川祐史】

どこの体脂肪を削る? 自分の体を分析、理解することが肉体改造の近道

 例えば目の前に、カッコいいとか美しいとか思う体の人がいたとします。その時、なぜ美しいのかを分析したり、どこに筋肉が付き、どこの脂肪が削れているから美しく見えるのだと、認識できたりする人は、ほとんどいない。よく「(それができる)岡田さんの方がおかしいよ!」みたいに言われるのですが、私にとっては当たり前のことだったので、びっくりしました。

 しかし、この体に対する認識の甘さが結局、目指す体のゴール設定を誤る原因であり、ゴールにたどり着けない原因でもあると思います。「自分の体の全体図」を知らなすぎるから、ただ食事を制限すればいい、ランニングマシンで脂肪を燃やせばいい、という発想になる。

 自分の体のどこの体脂肪を削り、どこに筋肉をつけたいのか。スタート時に自分の体をきちんと分析し、理解することは、肉体改造成功の近道であり、間違いなく目指すゴールにたどり着けます。彼女の希望を叶えてあげようという気持ちも素敵ですが、せっかく肉体改造を始めるのですから、まずは自分がどんな体になりたいかを考えてみましょう。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集