[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マラソン界の新星も指導 プロトレーナーが説く、走りを変える「ランジツイスト」とは

4つの動作で構成される「ランジツイスト」

 その1つが「ランジツイスト」と呼ばれるメニューだ(動画参照)。腸腰筋、内転筋、脇腹を強化し、体幹バランスと軸を安定させることが狙い。

 このトレーニングは4つの動作で構成されている。

<1>直立した状態から片足をへその部分まで引き上げる
<2>そこから引き上げた足を前に出して、しゃがむ
<3>しゃがんだ状態で左右に体を振る
<4>足を引き上げながら着地する

 木場氏は「足を引き上げる動作で、腸腰筋を意識します。そこから、足を大きく一歩踏み込んで、つま先と膝を同じ方向を向けて着地します。ここが一番大事です」と強調。着地した際の膝がつま先と同じ方向で垂直な状態ではなく、体の内側に曲がった状態だと、怪我の原因になるという。

「この状態を“膝が中に入る”と呼んでいます。内転筋の強度不足もその一因になります。膝が中に入る選手は膝や足首に余計な負担がかかりやすいので、怪我の要因にもなります。つま先と膝を同じ向きでトレーニングすることで、鵞足炎(がそくえん)、腸脛靱帯炎、足首の疲労骨折などの怪我を予防する狙いもあります」

 木場氏はこの部分を強調。足首とつま先がまっすぐな状態でいることが、様々な怪我の予防となるという。しゃがんだ後も体幹部分と軸を意識することが大事になる。

1 2 3 4

木場 克己

KOBA式体幹バランストレーニング協会代表

プロトレーナー

 小2年で柔道を始め、小6の南九州柔道大会で優勝、優秀選手賞を獲得。中3で県内の大会のタイトルを優勝で飾る。全九州大会団体の部で優勝・県大会軽量級個人戦2位。高校でレスリングを始め、56キロ級九州大会で優勝。インターハイ、国体は団体戦3位。腰椎圧迫骨折で現役を退き、医療人の道へ。鍼灸師、柔道整復師、FC東京ヘッドトレーナー(95~02年)、G大阪ユーストレーニングアドバイザー(2016年~)、長友佑都専属トレーナー。

URL:http://kobakatsumi.jp/

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集