[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

運動が苦手な人ほど、大人になるとランニングにハマる理由 急増する愛好者の心理とは

忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。今回は「運動が苦手な人ほど、大人になるとランニングにハマる理由」について。

今回のテーマは「運動が苦手な人ほど、大人になるとランニングにハマる理由」
今回のテーマは「運動が苦手な人ほど、大人になるとランニングにハマる理由」

連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」

 忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。今回は「運動が苦手な人ほど、大人になるとランニングにハマる理由」について。

 ◇ ◇ ◇

 私は20年ほど前、アメリカのカルフォルニア州サンタモニカに住んでいました。そこは、フィットネスの本場。海沿いの道はTシャツに短パン、ブラトップにレオタード姿でランニングする人も多く、走った後、そのままカフェやレストランへ入って行く姿は、当たり前の光景でした。

 一方、当時の日本は、スポーツウエアで東京の街中を歩いている大人は皆無といっていいほど。帰国後、アメリカと同じ感覚のままジャージ姿で仕事に向かってしまい、恥ずかしくなった記憶があります。でも、今では表参道をジャージで歩いていてもランニングしていても、奇異な目で見られません。そう考えると、当時の日本のフィットネス環境は、だいぶ遅れていたんだなあと感じます。

 皆さんも、街中で走っている大人をよく見かけるようになったなと、感じていると思います。果たして日本はこの20年間に、「スポーツが得意な人」が増えたのでしょうか? いいえ、そんなことはありませんよね。これだけランニング人口が急増したのは、子どもの頃、若い頃は運動が苦手だった人たちが、走るようになったからです。

 ではなぜ、運動が苦手な人ほど、大人になるとランニングにハマるのでしょう? これにはいくつかの理由があります。

 まず、走ることは誰もがすぐにできます。例えば、球技やサーフィン、スノーボードなどは、そのスポーツを行うための技術が必要です。でも、走るだけならば、特別、技術の習得はいりません。その証拠に、運動経験のない人、苦手な人も走り続けてさえいれば、走れる距離はどんどん伸びていきます。最初は500mが精いっぱいだった人も、1km、2kmと、それこそ1週間単位で距離が伸びていき、早い人は3か月で10km程度は楽に走れるようになります。

1 2 3

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球・福原愛、バドミントン・藤井瑞希らの現役時代を支えたほか、プロランナー神野大地、トランポリン競技選手など、多くのトップアスリートから信頼を集める。2014年以降、青山学院大駅伝チームのフィジカル強化指導を担当。東京・神楽坂に自身が技術責任者を務める会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB100」がある。主な著書に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集