[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

胸を打たれたアスリートの行動 トレーナー・中野ジェームズ修一がコロナ禍に願うこと

忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。今回は番外編として、コロナ禍でアスリートをサポートするトレーナーとしての想いを明かす。

中野ジェームズ修一氏が胸を打たれたアスリートの行動とは
中野ジェームズ修一氏が胸を打たれたアスリートの行動とは

連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」番外編

 忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。今回は番外編として、コロナ禍でアスリートをサポートするトレーナーとしての想いを明かす。

 ◇ ◇ ◇

 まだまだ予断を許さない状況は続いていますが、一時期、中断されていたスポーツの試合や大会も、プロスポーツを中心に無観客や観客数を制限しながら開催されるようになりました。

 コロナ禍により「ゼロ」の状況に追い込まれた多くのアスリートたちも、皆さんと同じように苦しんでいました。練習ができない、チームメートと会えない、それどころか試合や大会が開催されるのかどうかさえわからない。「自分たちは何もできない」という状況を突き付けられ、つらい日々だったと思います。

 そんななか、競技を続けられることを楽しもう、と思考を切り替え、通常時とは異なることに取り組む選手もたくさん出てきました。例えば、自宅でのトレーニング動画を配信したり、少人数での合宿や練習を組んだり、あるいは今まで一緒に練習をしたことのない選手が集まってトレーニングを行ったり。当たり前に続けてきたルーティンがガタガタと崩れるなか、「今、何をすればいいのか?」を自身で考え、行動したアスリートの姿を、直接、あるいはSNSを通じてみるたび、胸を打たれ、感心したものです。

 苦しい状況下でも前向きにハードなトレーニングに取り組む選手たちは、SNSなどを通して発信するコメントもポジティブです。そういった選手は人にパワーを与えられる力がある。彼らの前向きな発言や行動をみるたびに力をもらった、励まされたというスポーツファンも多いのではないでしょうか。

 私がみているアスリートたちのなかには、今もなお、大会、試合の開催が決まっていない人もいます。それでも、しばらく続いていたオンラインのトレーニングから対面に切り替え、ほとんどの選手が通常通りのレベルまでトレーニングの内容を戻してきました。

 そして、多少のブランクはあったものの、最も厳しい時期に、思考を転換し、新たなことに取り組んでいた選手たちほど、今、心身ともにいい状態に戻ってきていると感じます。

1 2

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集