[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

球数制限で球児は守れない? 広島トレーナーが「根本的解決にならない」と言う理由

「誰のために」「何をすべきか」「何をしてはいけないのか」が大事

 本題に戻りますが、このような状況を踏まえて前に進んでいくためには次の3点について整理して考えてみてはどうでしょうか。

1.誰のために

2.何をすべきか

3.何をしてはいけないのか

 1の「誰のために」は、これは選手のためであることが大前提です。

 そして2の「何をすべきか」を具体的に考えていくと、「投球数制限」も大切な課題のひとつです。ただこれだけでは根本的な解決にはならないので、現場のトレーナーの視点でいくつか提案させて頂きます。

・早い時期から選手自身がトレーニングなどの基本的教育を受ける。インターネットや学校教育の場でも受講を可能に。

・指導者(保護者)講習会を行う。その際は一定の統一した内容にすることが必要でインターネットでの受講も可能になればなお良い。

・定期的な医師による検査を受ける。検査費用等の財源課題がありますが……。

 初期は所属団体ごとの目標値を設けて、段階的に統一されたものを実施していく。またはネットなどを利用して、推奨されるモデルケースを提案し、その根拠を示して多くの関係者に理解を深めてもらう。その次のステップとして本来の目的とする投球球制限を実施する。こうした流れができれば理想的です。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集