[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • トレーニング
  • 久保建英も在籍、バルサ下部監督が語る育成論「日本とスペインの子供の能力は同等だ」

久保建英も在籍、バルサ下部監督が語る育成論「日本とスペインの子供の能力は同等だ」

「日本とスペインの子供たちが持って生まれた能力は同等だ。しかし、バルセロナと日本を比較した場合、環境が違いを生んでしまう」――ジョアン・サルバンス(元バルセロナ・カンテラ監督)

「持って生まれた能力は同等」でも差がつく理由「練習量で精神力が強くなると思わない」

「日本とスペインの子供たちが持って生まれた能力は同等だ。しかし、バルセロナと日本を比較した場合、環境が違いを生んでしまう」――ジョアン・サルバンス(元バルセロナ・カンテラ監督)

 FC東京U-18の久保建英が、5月3日に行われたルヴァンカップの北海道コンサドーレ札幌戦に後半途中から出場し、15歳11か月でトップデビューを果たした。

 もともと久保は幼少時から突出した才能を見せてきたが、10歳でスペインの名門バルセロナに加入したことで、その能力にさらに磨きがかかった。クラブが18歳未満の外国人選手獲得・登録でFIFA規定に抵触した影響で、2015年に帰国を余儀なくされた後は、FC東京の下部組織に入り、中学3年生の昨年11月にBチームにあたるFC東京U-23でJ3リーグに初出場、15歳5か月1日とJリーグ史上最年少出場記録を塗り替えた。

 今年4月にはJ3リーグで初ゴールも決めて、15歳10か月11日でのJリーグ史上最年少得点記録を樹立。そして、今回のルヴァンカップで、早くもFC東京のトップチームで出場を果たすなど、記録破りの成長曲線を描いている。まさに冒頭で紹介したジョアン・サルバンスの、指摘の正しさを裏づけたことになる。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー