[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • トレーニング
  • 中井卓大、久保建英も実践 育成年代の膝の故障を防ぐ“成長期トレーニング”とは

中井卓大、久保建英も実践 育成年代の膝の故障を防ぐ“成長期トレーニング”とは

海外サッカー、スペインリーグの名門レアル・マドリードのカデーテB(U-15)に所属する14歳、「ピピ」こと中井卓大。今季、チームが勝ち点77を積み上げ、リーグ優勝を果たす中、華麗なドリブル突破とテクニックでタイトルに貢献した。

久保建英と中井卓大【写真:Getty Images】
久保建英と中井卓大【写真:Getty Images】

プロトレーナー木場克己氏が説く、成長期を迎えた選手用の特別メニュー

 海外サッカー、スペインリーグの名門レアル・マドリードのカデーテB(U-15)に所属する14歳、「ピピ」こと中井卓大。今季、チームが勝ち点77を積み上げ、リーグ優勝を果たす中、華麗なドリブル突破とテクニックでタイトルに貢献した。

 日本サッカーの未来として期待される逸材は、毎日欠かさないルーティーンがある。

「ピピは相変わらずの意識の高さです。先日電話で話した時にも、彼に渡したトレーニングメニューを毎日欠かさずにこなしていると言っていました。チームで大きな怪我がないのは自分だけと話していましたね。彼の年代で大きな怪我をしてしまうと、その後のキャリアに影響が出てしまう。怪我なくここまで来られたのは、彼の才能と努力の賜物ですね」

 こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏だった。体幹、体軸、バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳のリオデジャネイロ五輪代表・池江璃花子(ルネサンス亀戸)らトップアスリートを指導。日本郵政女子陸上部もアドバイザーとして指導し、16年に創部3年目で全日本実業団女子対抗駅伝(クイーンズ駅伝)優勝に導いたスペシャリストだ。

 木場氏が中井に託したのは、中学2~3年という成長期を迎えたアスリート用のスペシャルメニューだった。同じく木場氏に師事しているU-20日本代表FW久保建英(FC東京)も取り組んだ全身トレーニングだ。

 久保と中井という次代の日本サッカー界を担う逸材が取り組んできたスペシャルメニューは5つ。今回は一番最初に行うトレーニング「チューブバランス後ろ足伸ばし」を紹介する。

1 2 3

木場 克己

KOBA式体幹バランストレーニング協会代表

プロトレーナー

小学2年生で柔道を始め小学6年生の南九州柔道大会で優勝・優秀選手賞をもらう。
中学3年生のとき県内の大会のタイトルを優勝で飾る。全九州大会団体の部で優勝・県大会軽量級個人戦2位。
高校でレスリングを始め56kg級九州大会で優勝。インターハイ・国体は団体戦3位の成績。
腰椎圧迫骨折で現役を退き医療人の道へ。

鍼灸師・柔道整復師・FC東京ヘッドトレーナー(1995~2002)・ガンバ大阪ユーストレーニングアドバイザー(2016年~)・長友佑都専属トレーナー

URL:http://kobakatsumi.jp/

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー