[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

選手を陰で支えるフィジカルトレーナー その役割とアプローチの“極意”とは?

スポーツ選手の活躍の陰には、本人の努力はもとより、スタッフの働きがあることも見逃せない。「THE ANSWER」では、フィジカルトレーナー兼フィットネスモチベーターの中野ジェームズ修一氏が、スポーツトレーナーを語る連載をスタート。第1回のテーマは「フィジカルトレーナーの役割とアプローチ法」だ。

体の弱点を強くする専門家…ゼロを「10」「20」の状態にするのがメインの役割

 スポーツ選手の活躍の陰には、本人の努力はもとより、スタッフの働きがあることも見逃せない。「THE ANSWER」では、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏が、スポーツトレーナーを語る連載をスタート。第1回のテーマは「フィジカルトレーナーの役割とアプローチ法」だ。

 ◇ ◇ ◇

 昨今では、プロスポーツ選手のサポートスタッフとして、トレーナーが着目される場面も増えてきました。とはいえ、トレーナーにも様々な専門分野があることまでは、一般的には知られていないようです。マッサージや針治療で筋肉のコンディションを整える方もいれば、試合中のアクシデントの際、テーピングなどで素早く対処することが得意な方もいます。必要とされる技術も異なり、一つのチーム、選手をいろいろな専門分野のトレーナーが分業してサポートしています。

 私の仕事は「フィジカルトレーナー」になります。そう自己紹介をすると、よく「筋トレを指導する人ですね」と言われますが、正確には「体の弱点を強くする専門家」です。故障した選手の体をマイナスとしたら、本来のゼロの状態に戻すのがコンディショニングトレーナー。ゼロを「10」「20」の状態にするのがフィジカルトレーナーの役割です。

 もう少し具体的にお話ししましょう。サッカーやテニスで「あと一歩」のところで脚が届かない選手がいたとします。私たちフィジカルトレーナーは彼らの動きを見て、なぜ思い通りに動けないのか? 柔軟性の問題か? そうであれば、どこの筋肉が短いのか? などフィジカルの視点から見て分析し、要因を見極めます。そして、準備体操、ストレッチ、筋トレ、有酸素運動を使い、改善の処方を組み立てます。

 私が最も得意とするのは「障害の予防」です。現在の体の動きを見ると、この先、どんな障害を起こすかが、タイムマシンで見てきたかのように分かります。そして、未来の障害を防ぐための処方箋を考えるのです。

1 2

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集