[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

欧州の強豪国はなぜ強い 女子ハンド代表の“留学組”が感じた日本との「想いの差」

来年に迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本をはじめ世界各地で前哨戦とも言える国際大会が目白押しだ。その1つが11月30日から12月15日まで熊本県を舞台に繰り広げられる「2019女子ハンドボール世界選手権大会」だ。「おりひめJAPAN」の愛称を持つ日本代表は、初のメダル獲得を目指して決戦に臨む。

女子ハンドボール日本代表の田邉夕貴(右)と角南唯【写真:荒川祐史】
女子ハンドボール日本代表の田邉夕貴(右)と角南唯【写真:荒川祐史】

世界選手権が30日に開幕、欧州でプレーした2人が語る意気込み

 来年に迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本をはじめ世界各地で前哨戦とも言える国際大会が目白押しだ。その1つが11月30日から12月15日まで熊本県を舞台に繰り広げられる「2019女子ハンドボール世界選手権大会」だ。「おりひめJAPAN」の愛称を持つ日本代表は、初のメダル獲得を目指して決戦に臨む。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 すでに開催国として、44年ぶりの五輪出場を決めている「おりひめJAPAN」は、2016年に強豪デンマークからウルリック・キルケリー監督を招聘。中心選手に海外リーグでの経験を積ませてきたが、その中でも大きなカギを握るのが田邉夕貴、角南唯の両選手だ。今年から北國銀行でともにプレーする2人は、それぞれヨーロッパのクラブチームを経験し、強豪国が強豪国たる所以を肌で実感してきた。

 田邉は京都府立洛北高から大阪体育大に進み、2012年に北國銀行へ加入。その後、2014年にハンガリーのフェヘールヴァールKCに移籍し、2シーズンを過ごした。ハンガリーでは毎日がサバイバル。チームメートではあるが、レギュラーを争うライバルとして個人の意識が高く、「垣根が取れるまで少し時間が掛かりました」と振り返る。

「はじめのうちは、分からないことは自分から聞きにいかないと教えてくれないし、ちょっとした壁みたいなものは感じました。ただ、お互いに実力を認め始めると垣根が取れた。そこで見えてきたのは、すごく個の意識が強くて、自分を持っている選手が多いんですね。感情もストレートに表現するので、プレー中はちょっとのことですごく怒ったり、ボールを投げたり蹴ったり……(苦笑)。日本人にはあまり見ないことなんですけど、その分、ハンドボールへの想いもものすごく強いなと感じました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集